著者:転職FIELD編集部 2023年10月31日更新

  • TOP
  • おすすめ転職サイト
  • 【ネットワークエンジニアにおすすめの転職サイト・転職エージェント】転職・年収事情と転職成功のコツ/方法について徹底解説!

カテゴリーおすすめ転職サイト

【ネットワークエンジニアにおすすめの転職サイト・転職エージェント】転職・年収事情と転職成功のコツ/方法について徹底解説!

アップロード日2023/08/09

転職FIELD編集部

[PR]

数あるエンジニア職の中でも情報通信技術(ICT)分野において、ネットワークの設計・構築・運用・保守などを主に担当する専門職であるネットワークエンジニア。

当記事では、

「ネットワークエンジニアとして転職をしてキャリアアップをしたい」

「ネットワークエンジニアとして転職で年収をあげるためにはどうすれば」

「ネットワークエンジニアに未経験転職できるものなのか」

などと疑問や不安を抱く求職者に向けて、下記の通りネットワークエンジニアの転職事情や転職成功のポイントについて解説します。

  • ネットワークエンジニアの主な仕事内容
  • ネットワークエンジニアのメリット・デメリット
  • ネットワークエンジニアの需要と転職事情
  • ネットワークエンジニアが転職エージェント・転職サイトを選ぶポイント
  • ネットワークエンジニアがにおすすめの転職エージェント・転職サイト

ネットワークエンジニアとしての転職に不安や関心がある方は是非目を通してみてください。

仕事内容|ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアとは、情報通信技術(ICT)分野において、コンピュータネットワークの設計、構築、運用、保守などの業務を担当する専門職です。

ネットワークエンジニアとは、情報通信技術(ICT)分野において、コンピュータネットワークの設計、構築、運用、保守などの業務を担当する専門職です。

彼らは企業や組織のネットワーク環境を最適化し、円滑なデータ通信を実現するための役割を果たしています。

ネットワークエンジニアの主な仕事内容

  • ネットワークの設計
  • ネットワークの構築
  • ネットワークの運用/保守
  • ネットワークのトラブルシューティング
  • 転職FIELD編集部

    まずは、ネットワークエンジニアの主な仕事内容(4つ)について以下で詳しくご紹介します。

参考ネットワークエンジニア – 失敗しない転職

ネットワーク設計

まずは、ネットワークエンジニアは、企業の要件やニーズに基づいてネットワークの設計を行います。

まずはユーザーのニーズや要件を把握することから始まり、ユーザーとのコミュニケーションを通じて、必要な機能、帯域幅、セキュリティ要件などを明確にしたうえで設計の方向性を決定。

次に、ルーター、スイッチ、ファイアウォールなどのネットワーク機器の配置や接続方法を決定するなど、ネットワークの規模や特性に応じて、適切なトポロジーを構築。

また、ネットワーク上の各デバイスが正しく通信できるように、IPアドレスの設計を行います。

  • 転職FIELD編集部

    ネットワークトポロジーの構築、ネットワーク機器の選定、IPアドレスの設計などを行い、セキュリティやパフォーマンスを考慮した効率的なネットワーク環境を準備します。

ネットワーク構築

ネットワークの設計が完成したら、ユーザーがネットワークを利用できるような状態にするためにネットワークを実際に構築します。

ネットワークの構築には、デバイスの設定や接続の実施、ケーブルの配線などが含まれ、さまざまなテストを実施して、ネットワークの動作を確認し、必要な調整やトラブルシューティングを行います。

ネットワーク構築の最後のステップは、ドキュメント化と引き渡しです。ネットワークの設計や設定手順などを文書化し、必要なトレーニングや引き渡しを行います。これにより、他のエンジニアやサポートスタッフがネットワークを理解し、運用・保守できるようになります。

ネットワークの運用/保守

ネットワークエンジニアは、ネットワークの運用や保守を行います。

  • 転職FIELD編集部

    運用・保守に必要な知識やスキルレベルは高くないため、ネットワークエンジニア未経験者でもチャレンジしやすい業務工程ですが、スピード感が求められます。

まずネットワーク運用の内容としては、ネットワークやサーバーが正常に動作しているかを確認し異常があった際の障害対応やパフォーマンスの最適化を行い、安定稼働の維持を目指します。

保守の内容は、運用工程とは違い、未然に障害を防止したり、セキュリティーの管理を行うことが目的の工程です。

ネットワークトラブルシューティング

ネットワークエンジニアは、ネットワークのトラブルシューティングを行います。

ネットワークの障害やパフォーマンスの低下などが発生した場合、原因の特定や修復策の立案、適用を行い、早期に問題を解決するといった職務です。

ネットワークが円滑に機能しない、接続が遅い、アクセスができない、セキュリティの脆弱性など、様々な問題に対応する必要があります。

  • 転職FIELD編集部

    スピード感をもって問題・原因の特定を行い、解決策を検討のうえ実行することが求められますが、ネットワークエンジニアとしてのやりがいを感じられることでしょう。

ネットワークエンジニアは、組織内の円滑な情報共有や業務効率化に欠かせない存在です。

技術の進歩に伴い、新たなネットワーク技術やセキュリティ対策にも追随しながら、ネットワーク環境の最適化を図る役割を果たしています。

参考ネットワークエンジニアからの転職先おすすめ7選【※転職理由あり】

参考ネットワークエンジニアにおすすめの転職エージェント10選【2023年版】

ネットワークエンジニアとして働く魅力・メリット

こちらではネットワークエンジニアの魅力/メリットについて解説します。

ネットワークエンジニアとして働くメリットは下記の通りです。

ネットワークエンジニアの魅力・メリット

  • 需要が高く将来性がある
  • 未経験でも比較的転職しやすい
  • 業務における要領が得やすい

参考ネットワークエンジニアが転職先を選ぶポイントは?必要なスキルや資格も解説!

需要が高く将来性がある

情報化社会の進展に伴い、ネットワークエンジニアの需要は年々増加しています。

企業や組織のネットワークインフラは、円滑なコミュニケーションやビジネスプロセスの効率化に不可欠です。

そのため、ネットワークエンジニアのスキルは常に必要とされ、将来性が高い職業と言えます。

参考ネットワークエンジニアの転職知識まとめ|マイナビITエージェント

未経験でも比較的転職しやすい

ネットワークエンジニアの職種は、未経験者にもチャンスがあります。

IT業界では、需要が高まっているため、独自の研修プログラムや教育制度を提供する企業も増えています。

経験からでも学びながらスキルアップしやすく、転職のハードルが比較的低い職種です。

  • 転職FIELD編集部

    未経験でも比較的転職しやすい職種とは言え、ネットワークエンジニアとしてのキャリアをスタートさせるタイミングが早いことに越したことはありません。30代になると未経験で転職を成功させるハードルは高まる点には注意しましょう。

業務における要領が得やすい

ネットワークエンジニアの業務は、設計や構築、運用、保守など多岐にわたりますが、一度習得すれば、その要領を得やすい特徴があります。

ネットワークの基本原則やプロトコル、機器の設定など、基礎的な知識と経験を積むことで、業務の効率化が可能です。

また、問題解決能力やトラブルシューティングのスキルも身につけることができ、現場での対応力が向上します。

参考ネットワークエンジニアにおすすめの転職エージェント10選|転職が有利になるポイントなどについても解説

ネットワークエンジニアとして働くデメリット

ネットワークエンジニアのデメリット

  • トラブル対応が多い
  • 夜間対応が必要なことも
  • スキルアップや資格取得のハードルが高い

参考未経験からネットワークエンジニアになる極意|勉強方法まで徹底解説

トラブル対応が多い

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計や運用を担当するエンジニアです。

ネットワークは複雑でダイナミックな要素を含むため、トラブルや障害が発生する可能性が高く、トラブルの発生や障害の修復に迅速に対応する必要があり、ストレスの多い状況に置かれることがあります。

夜間対応が必要なことも

ネットワークエンジニアは、ネットワークの24時間監視や運用を担当することもあります。

ネットワークの安定稼働や障害への迅速な対応が求められるため、夜間や休日に緊急事態が発生した場合に対応が必要となるため、労働時間の制約やプライベートな時間の制約を受ける可能性が高いエンジニアです。

スキルアップや資格取得のハードルが高い

ネットワークエンジニアの業務は、常に進化し続けるテクノロジーや新しいネットワークプロトコルに対応する必要があります。

スキルアップや最新のトレンドに追いつくためには、継続的な学習と自己啓発が不可欠です。

また、ネットワークエンジニアとしての専門的な知識や能力を証明するためには、業界で認められた資格の取得が求められます。

これらのスキルアップや資格取得には時間と努力が必要であり、ハードルが高いと言えます。

参考未経験からネットワークエンジニアになれる?経験者が教える難易度となり方のコツの全て

ネットワークエンジニアの需要と転職事情について

次に、ネットワークエンジニアの需要と転職事情について詳しく解説していきたいと思います。

ネットワークエンジニアの需要と転職事情

  • ネットワークエンジニアの需要はあるが低下傾向にある
  • スキルの幅と専門性がキャリアを左右する

参考ネットワークエンジニアは「やめとけ」って本当?経験者がきついと感じた体験談

ネットワークエンジニアの需要はあるが低下傾向にある

現代のビジネス環境ではデータの円滑な通信やセキュリティの確保が不可欠であり、ネットワークエンジニアの需要はありながらも、以下の背景があり需要が低下傾向にあります。

  • クラウドコンピューティングの普及によるネットワーク管理の自動化
  • ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)やネットワーク関連のオープンソースプロジェクトの増加
  • セキュリティ上のリスクやデータ保護への需要の高まり

クラウドコンピューティングの普及によるネットワーク管理の自動化

従来は物理的なネットワークインフラの設計と管理が必要でしたが、クラウドプロバイダーが提供するサービスにより、自動的にスケーリングや監視が行われるようになりました。

その結果、従来のネットワークエンジニアの役割が一部自動化されることで、需要が減少しているとされています。

  • 転職FIELD編集部

    特に、クラウドサービスやインターネット接続の普及に伴い、ネットワークエンジニアも幅広い知識と経験を積むことが求められます。

参考【未経験者必読】ネットワークエンジニアはオワコン・やめとけの嘘と本当

ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)やネットワーク関連のオープンソースプロジェクトの増加

トレンドである、ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)やネットワーク関連のオープンソースプロジェクトの増加により、ネットワークエンジニアのスキルセットに対する要件が変化しています。

ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)やネットワーク関連のオープンソースプロジェクトの増加はネットワークの柔軟性、スケーラビリティ、セキュリティ向上を促進するための取り組みとして、産業界やコミュニティの関心を集めています。

  • 転職FIELD編集部

    従来型のネットワークエンジニアのスキルセットでは市場価値が下がってしまうという意味で需要が低くなりつつあると言えます。

参考ネットワークエンジニアから転職はどこがおすすめ?具体的な9つの転職先とは

セキュリティ上のリスクやデータ保護への需要の高まり

セキュリティ上のリスクやデータの保護への需要が高まっており、セキュリティ専門家やデータ保護に特化した専門家の需要が増える中で、一般的なネットワークエンジニアの需要は相対的に減少していると考えられます。

デジタル化が進み、情報の重要性が増す中で、サイバー攻撃やデータ漏洩の脅威も増加しており、企業や組織はセキュリティ対策に注力し、高度なセキュリティ専門家やセキュリティ対策を組み込んだネットワークエンジニアをほっしているのが現状です。

  • 転職FIELD編集部

    これからのネットワークエンジニアはセキュリティに対応するスキルを身につけ、セキュリティ重視のネットワークインフラの構築や保守を行うことで、需要の低下に争って市場価値を高めていくことが求められます。

スキルの幅と専門性がキャリアを左右する

ネットワークエンジニアとしてのキャリアを築く上で、幅広いスキルを習得し活かせるかどうかが鍵です。

ネットワークの設計や構築、運用、セキュリティ対策など、様々な領域にわたる知識と技術が求められます。

特に、ネットワークエンジニアの中でも専門的な分野に精通している人材は高く評価され、将来的なキャリアの展望が広がります。

以下に必要とされる市場価値の高いネットワークエンジニアであるために必要なスキルについてまとめています。

これからのネットワークエンジニアに必要とされるスキル

・プロジェクトマネジメントに関するスキル
・クラウドに関するスキル
・ネットワークセキュリティに関するスキル
・専門的なネットワーク構築に関するスキル

  • 転職FIELD編集部

    スキルの幅広さや深さは、転職やキャリアアップの際に大きな差を生む要素となるため、自己啓発とスキルの継続的な向上が重要です。

参考未経験33歳だった私がネットワークエンジニアの転職に成功した理由

参考ネットワークエンジニアに資格は必要?有利な資格と5つの評価ポイント

ネットワークエンジニアにおすすめの転職先とは?

ネットワークエンジニアとして転職を検討している際に転職先としてあげられる選択肢は下記の通りです。

ネットワークエンジニアにおすすめの転職先

  • 大手企業
  • 中小/ベンチャー企業
  • ITコンサルタント
  • ヘルプデスク
  • 個人事業主(フリーランス)

キャリアを見直し、新たな一歩を踏み出す際に自分にとって適切な職種を今一度検討してみましょう。

大手企業

経験値・専門性の高いネットワークエンジニアであれば、大手企業に転職することも視野に入れるといいでしょう。

大手企業で仕事をすることで上流工程に携わりやすく、着実なキャリアアップの実現に期待できるためです。

また、職場の待遇の良さを求めて転職を希望するネットワークエンジニアにとっても福利厚生制度が整っており、活用実態のある企業に出会いやすいことも大手企業に転職するメリットとしてあげられます。

参考ネットワークエンジニアの外資系転職はハードル高い?転職で有利な資格も紹介

ネットワークエンジニアが転職エージェント・転職サイトを選ぶポイント

ネットワークエンジニアとしての転職という手段でキャリアアップを実現するためには、数ある転職サービスの中から、自分に合った転職エージェントや転職サイトを選ぶことが重要です。

以降では、ネットワークエンジニアが転職エージェント・転職サイトを選ぶ際の下記ポイントについて詳しく確認しておきたいと思います。

ネットワークエンジニアが転職エージェント・転職サイトを選ぶポイント

  • 業界・職種における専門性が高い転職エージェント・転職サイトを選ぶ
  • ネットワークエンジニアの求人が豊富な転職エージェント・転職サイトを選ぶ
  • 実績やスキルレベルに合った転職エージェント・転職サイトを選ぶ
  • 転職エージェント・転職サイトは2〜3社厳選し併用する

参考ネットワークエンジニアに転職するには?キャリアパスも紹介

業界・職種における専門性が高い転職エージェント・転職サイトを選ぶ

ネットワークエンジニアは特定の業界や職種に特化した専門知識とスキルを持っています。そのため、自身の専門性を理解し、同じく業界や職種に精通している転職エージェントや転職サイトを選ぶことが重要です。

専門的な知識を持つエージェントや求人情報の豊富なサイトは、自身のニーズに合った求人情報を提供してくれる可能性が高くなります。

ネットワークエンジニアの求人が豊富な転職エージェント・転職サイトを選ぶ

ネットワークエンジニアの求人は需要が高いため、転職エージェントや転職サイトによっては専門職としての求人情報が充実している場合もあります。

ネットワークエンジニアとして希望する分野・役割の求人情報が豊富なエージェントやサイトを選ぶことで、自分に合った求人と出会える確率を高めることに繋がるでしょう。

参考ネットワークエンジニアとしてキャリアを積むには?4つの仕事内容と資格7つ

実績やスキルレベルに合った転職エージェント・転職サイトを選ぶ

自身の実績やスキルレベルに合った転職エージェントや転職サイトを選ぶことも重要です。一部のエージェントやサイトは、特定のレベルや経験を持つエンジニアに特化したサービスを提供している場合があります。

自分のキャリアに合った支援を受けるためにも、自身の実績やスキルにマッチするエージェントやサイトを選ぶことが有益です。

転職エージェント・転職サイトは2〜3社厳選し併用する

最後に、転職エージェントや転職サイトは複数社を厳選して併用することをおすすめします。

異なるエージェントやサイトを利用することで、より多様な求人情報やサポートを受けることが可能です。

複数の転職サービスを併用するメリット

ココがおすすめ

・非公開求人や独占求人とのご縁に期待できる
・セミナーやイベントに参加できる
・転職活動の選択肢が増える
・相性の良い転職サービスを見つけられる
・あらゆる視点を取り入れて転職活動に活かせる

  • 転職FIELD編集部

    複数の選択肢を持つことで、より自身の理想に近い転職先を見つけることができるでしょう。

合わせて読みたい「IT/Webエンジニアにおすすめ転職サイト」

【未経験もOK】IT / WEBエンジニアにおすすめの転職サイト10社をランキング比較

ITエンジニアとして転職をするなら、IT業界の求人が豊富な転職サイトやエンジニアに特化した転職サイトを利用することをおすすめします。そこでIT/WEBエンジニアにおすすめの転職サイト10社を、比較を交えながら紹介しています。

参考ネットワークエンジニアはやめとけ?その理由と将来性、向いている人も解説

page top