著者:転職FIELD編集部 2023年1月27日更新

カテゴリーおすすめ転職エージェント

dodaエージェントのひどい評判はホント?口コミ・評判の真相を徹底解説します!

アップロード日2023/01/27

転職FIELD編集部

dodaエージェントは、転職者満足度1位を獲得した人気の転職エージェントです。

知名度が高い分、口コミ・評判には「ひどい」「使えない」といったものも多く、登録するか悩んでいる方もいるかと思います。

そこで今回は、dodaエージェントのひどい評判を徹底調査しました。

評判の真偽を探るとともに、メリット・デメリットも解説します。

dodaエージェントは20~50代におすすめの転職エージェント

結論からお伝えすると、dodaエージェントは国内外の求人を保有する20代〜50代までの方におすすめの転職エージェントです。

幅広い業種・職種をカバーしていることに加え、業界トップクラスのサポート実績を誇っており、手厚い転職サポートが期待できます。

また、定期的に開催される国内最大級の転職フェアや、自宅から参加できるオンラインセミナーの実施など、dodaエージェント独自のサービスは非常に魅力的です。

  • 転職FIELD編集部

    サポート期間は3ヶ月〜となっています。

    転職時期が明確な人、なるべく早く転職したい人には特におすすめです。

出典:dodaエージェント
運営会社 パーソルキャリア株式会社
設立 1989年6月15日
エリア 全国・海外
拠点 北海道・宮城・東京・神奈川・静岡・愛知・大阪・京都・兵庫・岡山・広島・福岡
求人エリア 全国・海外
対象年齢 20代~50代
公開求人数 170,577件
非公開求人数 38,986件
サポート期間 3ヶ月
利用料金 無料

(2022年11月25日現在)

dodaエージェントと他社転職エージェントの求人数比較表

転職エージェント 対象年齢 公開求人数 非公開求人数
dodaエージェント 20代~50代 170,577件 38,986件
リクルートエージェント 20代~50代 311,566件 283,790件
マイナビエージェント 20代~30代 55,276件 14,146件
パソナキャリア 20代~50代 38,094件 非公開
エンエージェント 20代~50代 3,349件 非公開
JACリクルートメント 30代~50代 15,159件 非公開
ビズリーチ 30代~50代 84,811件 非公開
リクルートダイレクトスカウト 30代~60代 362,126件 非公開
※(2022年11月25日)

dodaエージェントを利用する6つのメリット

dodaエージェントを利用する主なメリットは、以下の6つです。

dodaエージェントのメリット

  • 20万件以上の求人から企業を紹介
  • 業界ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍している
  • 転職者満足度1位を獲得したサポート力
  • WEBツールが使い放題
  • イベントやセミナーに無料で参加できる
  • 転職エージェントと転職サイトの両方の機能が使える

良い評判とひどいという口コミのあるdodaエージェントですが、転職者満足度1位のサポート力や求人の質、WEBツールは高い評価を得ており、利用者からも評判です。

ここでは、dodaエージェントのメリットを紹介します。

参考doda(デューダ)の悪い評判・口コミってホント?現役エージェントが徹底解説!

20万件以上の求人から企業を紹介

dodaエージェントの求人数は、公開求人と非公開求人を合わせて20万件以上あります。

知名度の高さから、年収500万円以上の求人が公開求人の6割以上を占めるなど、優良求人が集まる傾向にあり、独占求人も豊富です。

厳選された求人の中から、希望にマッチした企業を紹介してもらえます。

業界ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍している

在籍するキャリアアドバイザーは、業界ごとに担当が分かれています。

これは中小規模の転職エージェントにはない、dodaエージェントならではの強みです。

  • 転職FIELD編集部

    転職希望者の希望業界に合わせてキャリアアドバイザーが決まります。

参考doda(デューダ)の口コミ評判は悪い?独自調査でひどいのかブラックばかりか検証

転職者満足度1位を獲得したサポート力

dodaエージェントには、業界ごとに専門の知識を有するキャリアアドバイザーが在籍しているため、転職希望者の市場価値の分析をはじめとする的確なサポートが受けられます。

転職者満足度1位の実績からも分かるように、サポート力の高さは評判です。

  • 転職FIELD編集部

    応募企業の業界や職種に合わせて書類を添削したり、面接対策を実施してくれます。

WEBツールが使い放題

出典:dodaエージェント

転職活動に役立つWEBツールが使えるのもdodaエージェントを利用するメリットです。

職務経歴書をオンラインで作成できる「レジュメビルダー」や、186万人分のビッグデータから市場価値や自身と近いキャリアの人の転職事例などが3分で調べられる「年収査定」など、スキマ時間を有効活用できる多彩なWEBツールが提供されています。

WEBツールを活用すれば、転職活動がスムーズに進められるはずです。

イベントやセミナーに無料で参加できる

出典:dodaエージェント|doda 転職オンライン予備校

dodaエージェントを象徴するのが、doda転職フェアとdoda転職オンライン予備校です。

doda転職フェアは、以下の3つが定期的に開催されています。

doda転職フェア 来場者数、出展企業数NO.1の転職フェアです。さまざまな企業から直接話を聞けます。
doda転職フェアセレクト 職種を限定して開催される転職フェアです。参加企業全社が1分間のプレゼンをしてくれます。
doda転職フェアオンライン 好きな場所からネットを通じて参加できます。企業と参加者の双方から面談をオファーできるのが特徴です。

doda転職オンライン予備校は、国家資格「キャリアコンサルタント」を取得しているキャリアアドバイザー、通称「dodaはたらくサポーター」によるサポートが受けられたり、転職活動に役立つ情報が得られたりする人気のオンラインセミナーです。

自分の好きなプログラムに参加できます。

転職エージェントと転職サイトの両方の機能が使える

転職エージェントは、「キャリアアドバイザーから紹介された求人にしか応募できない」「拠点の営業時間しか積極的な転職活動ができない」というデメリットがあることから、自由に求人を閲覧・応募できる転職サイトを好む人は少なくないです。

  • 転職FIELD編集部

    dodaエージェントなら、転職エージェントと転職サイトの両方の機能を利用できます。

    興味のある求人に自分で応募するのも良いですし、後日、担当のキャリアアドバイザーに相談してから応募することも可能です。

参考DODAの評判はひどい?5つの特徴と評判を徹底解説!

dodaエージェントにある3つのデメリット・ひどい評判の原因

dodaエージェントには、3つのデメリットがあります。

dodaエージェントのデメリット

  • サポート期間が3ヶ月と短い
  • 希望とはミスマッチな企業の紹介
  • 1日に数十件届くメール

それぞれ、ひどい評判の原因となるデメリットです。

対処法と合わせて解説します。

ひどい評判の原因①サポート期間が3ヶ月と短い

dodaエージェントのサポート期間は、僅か3ヶ月です。

転職時期が明確な人や短期集中で転職活動を進めたい人には最適ですが、転職時期が未定の人やマイペースに転職活動を進めたい人にはデメリットとなります。

dodaエージェントのサポート期間に関するポイント

dodaエージェントのサポート期間に関するポイント

ただし、転職意欲が高いと認められる場合や、カウンセリング時に「半年後を目安に転職したい」など、予め転職時期を伝えている方はサポートの延長が可能です。

参考dodaエージェントの評判はひどい?リアルな口コミ、サービスや特徴も徹底解説

ひどい評判の原因②希望とはミスマッチな企業の紹介

転職エージェントは希望や市場価値とマッチする求人を紹介するために、必ずキャリアアドバイザーとのカウンセリングを行いますが、ミスマッチな企業を紹介されるケースは多々あり、ひどい評判に繋がっています。

ミスマッチの企業を紹介される理由として考えられるのは、以下の3つです。

  • キャリアアドバイザーのミス
  • 転職希望者が希望を曖昧に伝えている
  • キャリアアドバイザーの質が悪い

1人で多くの転職希望者を担当するキャリアアドバイザーが勘違いしていたり、その反対に、カウンセリング時にキャリアアドバイザーに希望条件を明確に伝えていなかったりすることは、どの転職エージェントであっても起こり得ます。

ミスマッチの求人が紹介された際は、改めて希望条件を伝えることが大切です。

  • 転職FIELD編集部

    希望条件を伝えても改善されない場合は、キャリアアドバイザーの変更を申請します。

    公式サイトの会員専用ページにある「登録情報設定」から申請可能です。

ひどい評判の原因③1日に数十件届くメール

「メールが多すぎて目を通せない」「大事なメールを見逃す」といった口コミは、dodaエージェントのひどい評判の中で最も目にするものです。

転職エージェントのサポートとともに転職サイトの機能が利用できるのは、dodaエージェントの大きなメリットのひとつですが、転職サイト特有のスカウトメールの多さに「ひどい」と感じている人はたくさんいます。

自動送信されるメールが大半を占めるのも、評判を悪くする原因です。

希望条件を現在よりも絞ることで、メールを減らすことができます。

  • 転職FIELD編集部

    メール自体が不要な方は、メール配信を停止するのも手です。

メール配信停止手順(パソコン)

①「会員専用ページ」にアクセス
②「登録情報設定」をクリック
③「メール配信設定」で「利用停止」をクリック

※メールは種類ごとに配信・配信停止の設定ができます。

企業からのプレミアムオファーは配信停止の対象外ですが、メール配信を停止すれば、毎日数十件のメールが届くことは無くなり、ストレスが大幅に軽減します。

「プレミアムオファー」とは?

面談 / 面接が確約されているスカウトメールのこと。 採用担当者が転職希望者のレジュメを見て個別に送信しているため、応募や通常スカウトよりも内定率が高いとされています。

参考dodaエージェントの評判はひどい?ホントの評判を徹底検証します!

dodaエージェントの良い評判と口コミ

良い評判と口コミ①キャリアアドバイザーがとても親切だった

良い評判と口コミ②たくさんの求人を紹介してもらえた

良い評判と口コミ③紹介される求人の質が良い

良い評判と口コミ④専門分野の転職サポートにも長けている

参考【ひどい】dodaのエージェントは使えない?面談で涙が出た実体験

dodaエージェントの悪い口コミ・評判

悪い口コミ・評判①メールが多すぎる

悪い口コミ・評判②ミスマッチの企業を紹介された

悪い口コミ・評判③地方の求人が少ない

dodaエージェントはひどいという評判の真偽を徹底調査

dodaエージェントは利用者が多く、良い評判とひどい評判のどちらも一定数あります。

SNSは不満やひどい評判を投稿しやすいツールのため、どうしても良い評判よりも目立ちやすいです。

  • 転職FIELD編集部

    そこでここでは、dodaエージェントのひどい評判の真偽を確かめていきます。

ひどい評判①評価の低い企業ばかり紹介される

ひどい評判を見ていると、「紹介される企業はブラック企業ばかり」というものがありますが、これはウソです。

dodaエージェントは20万件以上の求人を保有しているため、評価の低い企業が紹介されるケースはあるかと思います。

しかし、そういった企業ばかり紹介されることは考えづらいです。

  • 転職FIELD編集部

    ハードワーク=ブラック企業とする人もいるので、参考程度にすることをおすすめします。

ひどい評判②キャリアアドバイザーのサポートの質がひどい

サポート力の低いキャリアアドバイザーが在籍しているのはホントです。

実績や経験が浅いキャリアアドバイザーは、どの転職エージェントにも在籍しています。

ベテランばかりではないのです。

もし、担当のキャリアアドバイザーと相性が合わなかったり、サポート力に満足できないときは、変更してもらうと問題を解消できます。

ひどい評判③スカウトメールが多すぎる

メールが多すぎるのはホントです。

dodaエージェントは転職エージェントと転職サイトの機能を有しています。

転職サイトでは一般的なスカウトメールが自動送信されることに加え、お知らせや重要なメールも届くことから、他社転職エージェントよりもメールが多いです。

スカウトメールは、希望条件に僅かでも合致するものが送られてきます。

転職の可能性を広げるという意味においては、優れたサービスです。

dodaエージェントのスカウトに関する対応

dodaエージェントのスカウトに関する対応

「重要なメールだけを受け取りたい」「転職サイトとしては使わない」という方は、メール配信の設定を変更すること、スカウトメール等の配信を停止できます。

ひどい評判④カウンセリングが機械的だった

カウンセリングが機械的だというのは、概ねホントです。

転職エージェントは、的確なサポートを提供するために、必ずカウンセリングを行いますが、淡々と進めるアドバイザーもいれば、和気あいあいと進めるアドバイザーもいます。

dodaエージェントは転職者満足度1位を獲得している転職エージェントです。

カウンセリングの流れに関しては問題はないと言えます。

再度カウンセリングをしてもらうことは可能です。

dodaエージェントのカウンセリングを受けるときのポイント

dodaエージェントのカウンセリングを受けるときのポイント

緊張してうまく話せなかったり、カウンセリングの内容に不満があったりした場合は、相談してみると良いかと思います。

ひどい評判⑤転職を急かされた・内定辞退を説得された

転職を急かされたり、内定辞退するのを止めるよう説得されたりするのはホントです。

転職エージェント利用者の多くが体験していると思います。

これは、転職エージェントのビジネスモデルが原因で起こるトラブルです。

転職エージェントのビジネスモデル

転職エージェントを転職希望者が無料で利用できるのは、企業から報酬を得ているためです。

一般的な報酬の額

転職者の年収の約30%程度が報酬として支払われます。

転職希望者に求人を紹介するサービスは、企業の採用業務に貢献することでもあります。

専門家目線でマッチしている人材を推薦してもらうことで、企業は「ミスマッチは起きない」と安心して採用できるのです。

転職エージェントのビジネスモデル

転職エージェントのビジネスモデル

転職エージェントは、転職希望者を転職させることで転職先企業から人材紹介報酬を得て、はじめてビジネスが成立します。

参考言われた言葉に絶句!dodaのエージェントってこんなもん?ひどい!って評判

評判や口コミを踏まえてdodaエージェントを有効活用するためのポイント

dodaエージェントを利用する際のポイントとしては、以下の5つが挙げられます。

dodaエージェントを利用する際のポイント

  • 転職時期を明確にする
  • 職務経歴書で虚偽の内容は書かない
  • 紹介された企業は口コミサイトで調べる
  • 他の転職エージェント・転職サイトと併用する
  • 同一求人に重複応募しない

それぞれ解説します。

転職時期を明確にする

転職エージェントのビジネスモデルからも分かる通り、ビジネスを成立させるには、転職希望者を次々と転職に導く必要があるため、転職時期が未定な人や転職意欲が低い人は、サポートが後回しにされる可能性が高いです。

転職時期が未定の人は、「現職よりも条件が良い求人があればすぐに」や「半年後を予定している」など、大まかにでも転職時期を伝えることをおすすめします。

職務経歴書で虚偽の内容は書かない

  • 転職FIELD編集部

    転職エージェントにとって、職務経歴書は市場価値を分析する上で重要な資料です。

市場価値によって紹介する求人の質が変わると言っても過言ではないです。

職務経歴書で嘘を書いてしまうと、ミスマッチの求人ばかりが紹介される恐れがあります。

また、書類選考に通過したり、内定を獲得したりした後に虚偽が発覚した場合、企業とdodaエージェントとの間にトラブルが発生する可能性もあるため、職務経歴書は正直に記載するのが懸命です。

紹介された企業は口コミサイトで調べる

dodaエージェントから紹介された求人が条件に優れているものであっても、しっかりと企業情報を収集することが大切です。

教育体制や評価基準など、求人に記載されていない労働に関する質問や素朴な疑問は、キャリアアドバイザーに質問するのが効果的ですが、職場の雰囲気や環境などは口コミサイトを利用した方が短時間で調べられます。

口コミサイトは「openwork」「en Lighthouse」などの有名口コミサイトがおすすめです。

  • 転職FIELD編集部

    現社員や元社員の口コミを閲覧することができる他、有給取得率や平均残業時間などの各種データも効率良く調べられます。

参考dodaエージェントの評判はひどい?dodaエージェントを使ってみた体験談をもとに徹底解説します

他の転職エージェント・転職サイトと併用する

理想に近い転職を実現するなら、複数の転職エージェントや転職サイトを併用すべきです。

得られる求人数が飛躍的に増えるので、転職先の候補を増やすことができます。

特に独占求人や非公開求人といった限定求人は、転職を有利に進める上で貴重な求人です。

「非公開求人」とは?

転職エージェントからの紹介でのみ閲覧・応募できる求人のこと。

「独占求人」とは?

他の転職エージェントや転職サイトが保有していない求人のこと。

限定求人は応募できる人が限られることから、競争率が低い傾向にあります。

多くの限定求人が得られることが、複数の転職エージェント・転職サイトを併用する最大のメリットです。

  • 転職FIELD編集部

    転職エージェントは2社〜3社、転職サイトは1社を選んで併用するのが良いかと思います。

同一求人に重複応募しない

転職エージェント・転職サイトを併用する際に注意したいのが、求人への重複応募です。

転職エージェント・転職サイトを併用する際の注意点

転職エージェント・転職サイトを併用する際の注意点

発覚すると選考で落とされてしまったり、内定を取り消されたりする他、企業から各サービスに連絡が入り、転職サポートを打ち切られてしまう恐れもあります。

重複応募は、ケアレスミスで起こるものです。

応募企業をしっかりと管理する必要があります。

転職エージェントであれば、キャリアアドバイザーに併用していることを伝えて応募企業を把握してもらうことで、重複応募をある程度避けられます。

参考dodaの口コミ評判|特徴やおすすめな人、メリット・デメリットを徹底解説

dodaエージェントの登録~内定・転職先入社までの流れ

登録~求人応募までの流れ

会員登録をする

公式サイトから会員登録を行います。

個人情報を含む下記の質問に答えるだけのシンプルな作業です。

会員登録時の質問内容

テキスト

・氏名(漢字、フリガナ)
・生年月日
・性別
・お住いのエリア
・ご連絡先(携帯電話)
・メールアドレス
・dodaで使用するパスワードの設定
・最終学歴
・卒業区分
・現在の勤務状況
・転職回数
・勤務先会社名
・業種
・職種
・年収

入力後、利用するサービスを選んで会員登録が完了です。

キャリアカウンセリングを予約

会員登録の確認が取れると、キャリアカウンセリング予約に関する連絡が入るので、スケジュールを確認して予約を取ります。

キャリアカウンセリングは、平日〜土曜日まで対応可能です。

【キャリアカウンセリング詳細】

所要時間 60~90分程度
カウンセリング方法 電話・オンライン
対応時間 平日:9:00~20:00
土曜日:10:00~18:00電話・オンライン

忙しい方でも余裕を持ってdodaエージェントを利用できます。

キャリアカウンセリング当日

キャリアカウンセリングの予約〜当日までは、10日〜2週間程日数が空くので、その間に、「WEB履歴書の更新」「職務経歴書の作成」を済ませ、事前アンケート(転職活動への要望)に回答しておきます。

転職活動やキャリアプランについての話がメインです。

キャリアカウンセリングの主な目的

・希望条件の明確化
・市場価値の分析
・キャリアプランの確認
・アピールポイントの発見
・スキルの把握
・スケジュールの立案

ひどい評判でも記した通り、アドバイザーによっては話しにくく感じることもあります。

キャリアカウンセリングで上手く希望や要望を伝えられなかった場合は、再度キャリアカウンセリングを依頼すると良いです。

求人の紹介・選考対策

キャリアカウンセリングで得た情報やWEB履歴書の内容をもとに、マッチングしていると考えられる求人が紹介されるので、応募するかしないかを決めていきます。

応募しない場合や希望とマッチしていない場合は、その理由を添えると良いです。

  • 転職FIELD編集部

    応募する求人を決めたら、企業に合わせて書類添削や面接対策を行います。

参考doda/デューダの口コミ・評判

企業との面接

求人はキャリアアドバイザーが応募してくれます。

書類選考に通過したら、いよいよ面接です。

面接日程の調整に関しては、キャリアアドバイザーにスケジュールを伝えれば代わりに調整してくれます。

内定~転職先への入社の流れ

内定通知がdodaエージェント経由で届く

内定通知は、dodaエージェントを経由して届きます。

雇用条件が希望とマッチしているかを確認するとともに、内定承諾書にサインするか内定辞退をするかを検討します。

条件交渉の余地がある場合は、担当のキャリアアドバイザーに依頼が可能です。

雇用契約を結ぶ

条件を確認し、入社することを決めたら内定承諾書にサインし、雇用契約を結びます。

現職の退社日と転職先への入社日を決める

雇用契約を結んだら、現職の退職日と転職先への入社日を決めます。

アドバイザーが転職先企業との間に入って入社日を調整してくれるので、最初に現職の退社日を決めてからスケジュールを伝えるとスムーズです。

入社手続きに関しては、キャリアアドバイザーがアドバイスをくれます。

転職先への入社の際に必要になるもの転職先への入社の際に必要になるもの

年金手帳や源泉徴収票、雇用保険被保険証などが必要です。

参考dodaエージェントサービスの口コミ・評判

dodaのエージェント機能を使わない活用方法もあり?

dodaはエージェントサービスとしての機能の他に、「スカウト制サービス」「パートナーエージェントサービス」としても活用することが可能な柔軟性ある転職サービスです。

doda|転職エージェントサービス以外のサービス

  • スカウト制サービス
  • パートナーエージェントサービスす

下記ではそれぞてのサービスについてご紹介しておきたいと思います。

「スカウト制サービス」について

スカウト制サービスは企業から直接応募のオファーを受け取ることができる機能です。

オファーの種類としては、「面接確約オファー」「登録者限定オファー」「求人オファー」の3種があり、それぞれの違いは下記の通りです。

「面接確約オファー」 書類選考を省略して面接に臨めるオファーです。
登録情報を見て魅力を感じた企業からまず会ってみたいという脈ありのオファーになります。
「登録者限定オファー」 doda登録者のみが紹介対象となる非公開求人に関するオファーです。
人気が殺到するであろう好条件の求人や企業が公にしたくないポストの求人な度が含まれています。
「求人オファー」 doda登録者であれば誰でも受け取ることができるオファーです。
(選考が有利に働くことはない)

個人を特定できる氏名や生年月日の情報について企業や人材紹介会社に公開せれることはなく、また特定の企業に対して非公開にする設定ができるため、勤務先や関連会社にバレる心配は無用です。

すぐに転職する予定はないけれども、転職する可能性がある方や市場調査をしたいという方は「スカウト制サービス」の利用をおすすめします。

参考dodaはブラックばかり紹介してくる理由!無駄な求人を紹介される人の特徴とは

dodaで書類審査が通らないならdodaエージェントを使うべき?【評判も調査】

求人転職サイト「doda」に掲載されている求人の中から自分で選んだ求人に応募するも、中々書類審査に通過せず転職活動が前に進まないという方は求人紹介を受けられる「dodaエージェント」の利用がおすすめです。

「doda」は自分で希望の求人を選んで応募ができる自由度がある一方で、応募したからといって書類審査に通過し次のステップに進めるとは限りません。

また実際にdodaを利用した方の口コミ・評判の中からも、dodaの書類審査通過の壁は高いことがうかがえます。

<「doda」利用者の書類審査通過に関する口コミ・評判>

自分の転職市場価値を把握できていない状態で求人転職サイトを利用し応募の数をうっても、結果が出ないという状況に陥ってしまうことでしょう。

一方で「dodaエージェント」では利用者の経歴や希望の条件を考慮した上で適切な求人を紹介してもらうことができるため、転職活動のステップをスムーズに進めていきやすくなります。

キャリア面談を通じて担当キャリアアドバイザーがキャリアの棚卸しをし、プロのアドバイスのもと長期的キャリアプランをイメージしたうえで適切な転職先とマッチングできる確率をアップさせることが可能です。

<「dodaエージェント」利用者の書類審査通過に関する口コミ・評判>

dodaで求人応募を行うも書類審査に通過せず困っている方は、dodaエージェントに登録して転職相談や求人紹介を受けていることをおすすめします。

参考 【dodaエージェント】ひどい?使えない?未経験者向けに評判・口コミを整理【応募・面談・退会までの流れも】

dodaとdoda Xの特徴や評判の違いを解説

最近、CMでもよく見かける「doda X」ですが、「doda」との違いは何なのでしょうか?

「doda X」の特徴や評判について解説しておきたいと思います。

「doda X」の基本情報と特徴

出典:doda X

「doda X」(旧IX転職)は「doda」と同じくパーソルキャリア株式会社運営のハイクラスに特化したスカウト制の転職サービスです。

ヘッドハンターや企業によるスカウト連絡を受け取れるだけでなく、自らも求人を検索し応募することができます。

利用にあたって年齢制限は設けられてはいませんが、専門性の高いハイキャリア層向けの求人がメインであることから、利用対象年齢は30代以降です。

doda dodaX
タイプ 転職エージェント スカウト制/求人応募
エリア 全国・海外 全国・海外
求人数 公開求人:179,965
非公開求人:非公開
非公開
対象年齢 20代〜50代 30代〜
特徴 ・世代や業種不問、あらゆる転職者層におすすめ
・プロのサポート付
・未経験者向け求人も多数
・ハイクラス向けで高年収案件が豊富
・ヘッドハンターからスカウト連絡が届く
・求人紹介サービス付きで、自らも応募可能
※dodaの公開求人数は2023年1月9日時点

「doda X」のよくある良い評判・悪い評判

「doda X」の評判を良い評判・悪い評判に分けて、下記の通りまとめています。

良い評判 悪い評判
・自分の転職市場価値をはかりやすい
・マイペースに転職活動しやすい
・自らが納得のいく転職先を見つけやすい
・20代〜30代向けの求人が少ない
・ヘッドハンターの対応にばらつきがある

「doda X」はスカウト制サービスを手がけているため、リアルに自分の転職市場価値をはかりやすく、転職先として魅力を感じる求人と出会うことができれば応募するというスタンスで自分主体で転職活動ができることもメリットです。

優秀なヘッドハンターが市場価値を高められるように、利用者のキャリアを一緒に考え実現するための求人を紹介してくれる一方で、担当者の対応については他社同様に一部ネガティブな評判が見受けられました。

参考dodaエージェントの評判はひどい?使えないという口コミの真偽を解説

dodaエージェントの退会方法

dodaエージェントは、パソコン・スマートフォンからオンラインで退会できます。

「パソコン」

①会員ページにアクセス
②「登録情報設定」下部にある「退会申請」をクリック
③「退会する」をクリック

「スマートフォン」

①会員ページにアクセス
②メニュー内にある「登録情報設定」をタップ
③「登録情報設定」下部にある「doda会員登録 退会手続き」をタップ
④「dodaを退会する」をタップ

上記の他、担当のキャリアアドバイザーへのメールでも退会ができます。

転職成功を理由に退会する方なら、サポートへの感謝を伝えられるのでおすすめです。

尚、退会を申請してから退会処理が完了するまでには数日掛かります。

1週間程度経過してもメールが届く場合は、退会処理がうまくできていない可能性があるので、連絡を入れると良いです。

参考退会 | 転職ならdoda(デューダ)

dodaエージェントがおすすめの人

ここまで紹介したdodaエージェントの良い評判やひどい評判、注意点を踏まえて、サービスの利用がおすすめな人の特徴を以下にまとめました。

dodaエージェントがおすすめの人

  • 転職時期が明確な人
  • 手厚いサービスで効率良く転職活動を進めたい人
  • 好きな場所から転職サポートを受けたい人
  • キャリアを活かして転職する人
  • 転職活動やキャリアに関する講習を受けたい人

dodaエージェントは、サポート期間が3ヶ月なので転職時期が明確な人向けです。

転職者満足度1位を誇る手厚いサポートで短期間での転職を実現できます。

忙しい方でも、オンラインや電話でサポートやセミナーを受けられるのが魅力です。

求人に関しては、経験者向けに年収500万円以上のものが充実しており、キャリアアップや年収アップに最適な求人が揃っています。

一方、未経験者向けの求人は若干少ない印象です。

参考doda(デューダ)転職エージェントの評判は?口コミやメリットも

dodaエージェントは使わないほうがいい人とは?

dodaエージェントは、世代や業界・職種、希望条件問わず幅広い求人ラインナップを取り揃えている転職エージェントなので、基本的には転職者に広くおすすめできるサービスです。

しかし、一部の転職者にとっては利便性が高いと感じられない可能性もあります。

こちらではdodaエージェントの利用をあえておすすめしない人の特徴についてご紹介したいと思います。

特定の業界・職種に絞って求人を探したいと考える人

dodaエージェントでは、業界や職種を絞らず幅広いタイプの求人を取り扱っていることから、希望する業界や職種によっては対象となる求人が少ない可能性があります。

よって転職先として希望する業界や職種が明確であり、特定の領域の転職サポートを専門とする転職エージェントだけを利用したいという人もいることでしょう。

ハイキャリアな人・グローバルに活躍したい人

dodaエージェントはあらゆる転職者を利用者とする総合型の転職エージェントであり、求人のクラスもさまざまです。

これまでのキャリアに自信があり、年収800万円超を狙うハイキャリアな人やグローバル転職を希望する人にとっては、dodaエージェントの利用だけでは求人バリエーションに物足りなさを感じてしまうかもしれません。

合わせて読みたい「ハイクラス・エグゼクティブにおすすめ転職エージェント」

ハイクラス・エグゼクティブ転職におすすめの転職エージェント9選!高収入案件が見つかる転職サイトはどれ

この記事では、ハイクラス案件を扱う転職エージェント・転職サイトの中から、利用者からの評判が高いおすすめの9社をまとめて紹介しています。

dodaエージェントに「連絡来ない」ときの対処法

あらゆる転職者を利用者層として持つdodaエージェント。

「登録したのに連絡が来ない」となれば不安に感じるのは当然です。

登録を済ませてから1週間経っても連絡がないこないようであれば、下記原因が考えられます。

  • 紹介できる求人がない
  • 登録内容に不備がある

登録内容の不備に心当たりがない場合は「紹介できる求人がない」ことが連絡が来ない原因としては濃厚です。

こちらではdodaエージェントに登録するも、連絡が来ない場合の対処法について解説していくので、当事者の方はもちろん、これから登録される方もぜひ参考にしてみてください。

参考dodaエージェントがひどいと言われる理由は?連絡来ないって本当?評判やメリットを解説

転職希望条件を見直す

年齢やキャリアにふさわしい転職条件を掲示しなければ、紹介できる求人がなく連絡が来ないという状況になってしまうのはなんらおかしくありません。

転職に希望を持つことが悪いのではなく、自分の市場価値を考慮せずに理想を希望条件として設定していないか今一度見直してみてください。

他の転職エージェントを利用してみる

dodaエージェントに登録しても連絡がない原因として、希望条件が特殊で単純にdodaエージェントとの相性が悪いことも考えられます。

そもそも転職エージェントを利用するにあたっては、より相性の良い求人とのご縁に恵まれるように複数社を併用することがおすすめです。

転職エージェントによって、ターゲット層やサポートの強みが異なるため、複数使いすることでサービスのいいとこ取りに期待できるうえに、複数のキャリアアドバイザーからサポートを受けられることで、視野が広がる可能性もあります。

dodaエージェントから連絡がなくとも、気にしすぎることなく他に相性の良さそうな転職エージェントを利用するようにしてください。

dodaエージェントと併用がおすすめの転職エージェント

dodaエージェントとの併用がおすすめの転職エージェントをご紹介します。

dodaエージェントでは幅広い転職者層に向けて業界トップクラスの豊富な求人を取り扱っていますが、業界や職種別で見ると対象となる求人は実際には一部です。

転職の選択肢を狭めず、視野を広げていくためにも以下でご紹介する転職エージェントの利用も検討してみてください。

dodaエージェントと併用がおすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • type転職エージェント

参考【doda元社員が暴露】dodaの本当の評判と口コミに惑わされない活用術

「リクルートエージェント」

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界トップの求人数を取り扱う大手総合型の転職エージェントです。

世代や業界/職種、エリア問わず幅広い求職者に向けた求人ラインナップがあり、公開求人30万超・非公開求人25万件超(2023年1月時点)。

「転職支援実績No.1」を誇るリクルートエージェントの転職ノウハウや交渉術を武器とし、業界専門のキャリアアドバイザーによる安定した転職サポートを受けられることが期待できます。

合わせて読みたい「リクルートエージェントの評判・口コミ」

リクルートエージェントの評判・口コミはひどい?求人の質など徹底解説します

リクルートエージェントは、業界最多求人数を誇る大手転職エージェントです。リクルートエージェントの評判を、利用者の口コミをもとに徹底調査し、サービスや求人の質についても解説しています。

「マイナビエージェント」

出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントは、社会人経験のある20~30代の転職支援を専門とする転職エージェントです。

大手転職エージェントでありながらも利用者層を社会人若手層に絞り、無期限で転職者に寄り添ったサポートしてくれます。

運営会社である株式会社マイナビが培ってきた企業からの信頼により、独占求人が豊富であることも魅力のひとつ。まざまな企業規模の求人を保有しており、転職者の希望や適性を踏まえたマッチングにこだわった求人を提案してくれます。

社会人経験が浅い新卒や社会人経験のない既卒の方は同じく株式会社マイナビが運営する「マイナビジョブ20’s」も注目してみてください。

合わせて読みたい「マイナビエージェントの評判・口コミ」

マイナビエージェントの評判はひどい?リアルな口コミや特徴、利用の流れを徹底解説!

マイナビエージェントは業界トップクラスの知名度を誇る転職エージェントです。この記事では、マイナビエージェント利用者の口コミからひどい評判の真相を探るとともに、サービスの特徴や利用の流れを解説しています。

「type転職エージェント」

出典:type転職エージェント

「type転職エージェント」は、一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)を中心としたエリア特化型の転職エージェントです。

業界・職種を幅広く取り扱う中でも、IT/Web業界の専門職や営業職、管理職に関する求人に強いことが特徴。地域に密着型ならではの非公開求人や他の転職サービスでは保有してない独占求人を取り扱っています。

女性の転職には、女性転職支援専門の転職エージェント「type女性の転職エージェント」がおすすめです。

自ら応募求人を選び、独自のペースで転職活動を進めたい方は転職サイト「type」も注目してみてください。

dodaエージェントのキャリアアドバイザー辞めたい!dodaの退会方法

dodaエージェントのサービスやキャリアアドバイザーとの相性に違和感を感じ、

転職エージェントを退会する方に向けて、退会方法をご紹介します。

退会を申し出る先としては、下記2つです。

退会方法|退会を申し出る先

  • ウェブ上かアプリ内の「退会フォーム」
  • 担当者に電話かメールで直接伝える

参考「各種サービスの停止」と「dodaからの退会」の違い

ウェブ上かアプリ内の「退会フォーム」

dodaエージェントを退会する方法の1つ目は、「退会フォーム」を利用すること。

キャリアアドバイザーに直接退会を申し出ることを嫌う人や、まだ求人に応募していない段階で退会する人は下記の手順で退会を済ませてください。

PCを使用するケース

  • 会員専用ページにログイン
  • 「登録情報設定」ページ最も下「doda会員登録 退会手続き」の【退会申請】ボタンをクリック
  • アンケートに回答する
  • 【退会する】ボタンをクリック

スマートフォンを使用するケース

  • 会員専用ページにログイン
  • ページ右上の「メニュー」をタップ
  • メニュー内「登録情報設定」をタップ
  • ページ最も下「doda会員登録 退会手続き」をタップ

doda(デューダ)の求人はブラックばかりって評判の真相とは

「dodaの求人は果たしてブラック企業ばかりなのか?」気になるところかと思います。

そもそも、ブラック企業とは一「極端に長時間労働をさせたり、無茶なノルマを課せる」「ハラスメントが横行する」「コンプライアンス意識が低い」などといった常識破りな労働環境の企業を示すことが一般的ですが、厳密な線引きや定義があるわけではありません。

dodaは公開求人だけでも20件近い求人規模なので、求人によって労働環境の良し悪しや、福利厚生制度の充実度合い/活用実態、企業風土などさまざまなカラーの企業が集まっており、中には過酷と感じる仕事内容の求人が混ざっていてる可能性は十分にあります。

仕事の過酷さや環境をブラックと感じるかどうかの尺度は人それぞれであり、大切なことは転職するうえで譲れない条件を明確にピックアップし、転職先を選ぶことです。

ブラック企業かどうかが心配な人は、働き方におけるこだわりや許容できないポイントについてしっかりと担当キャリアアドバイザーに伝えたうえで求人紹介を受けるようにしましょう。

また、情報収集は転職エージェント任せにせず、自らも企業情報や口コミを徹底的にリサーチし企業とのミスマッチ防止に努めるようにしてください。

参考dodaはブラックばかり?【質の高い求人は多い】​​

よくある質問


Q)カウンセリングは必ず受けなければなりませんか?

転職エージェントのサポートを受けるためには、カウンセリングが必須となります。

dodaエージェントでは、平日〜土曜日まで対応しているので、忙しい人でも利用しやすいです。

Q)カウンセリング時の服装に指定はありますか?

dodaエージェントのカウンセリングは、自宅から受けられるため部屋着で参加してしまいがちですが、それはNGです。

オフィスカジュアルや外行きのカジュアルな服装で参加することが推奨されています。

カジュアルな服装で受けていただいて構いません。迷ってしまう方には、ビジネスカジュアル、オフィスカジュアルと呼ばれるような服装をおすすめしています。
出典:doda|【dodaエージェントサービス】転職面談・キャリアカウンセリングの上手な使い方

Q)担当となるキャリアアドバイザーは選べますか?

キャリアアドバイザーを転職希望者側から選ぶことは不可です。

Q)プレミアムオファーは必ず内定がもらえるスカウトですか?

プレミアムオファーは、あくまで面談 / 面接が確約されたものです。

内定率は高いですが、採用に至らない場合もあります。

Q)dodaエージェントは退職サポートも依頼できますか?

引き止めをはじめとする退職トラブルが生じた場合、dodaエージェントに相談することでアドバイスをもらうことができます。

転職活動とは異なり、積極的なサポートはしていないです。

Q)サービスの利用には料金が発生しますか?

dodaエージェントのサポート・サービスは、すべて無料で利用できます。

Q)dodaエージェントは登録を断られる可能性はありますか?

登録を断られるということはありませんが、カウンセリング(面談)や求人紹介を受けられないことはあります。

カウンセリング(面談)や求人紹介を受けられないとなると、実質的にdodaエージェントのサービスを利用できません。

理由としては、年齢・キャリア・希望条件などの登録情報から紹介できる求人がないと判断されてしまたことが原因として考えられます。

Q)dodaエージェントは登録するだけでも大丈夫ですか?

dodaエージェントに登録するのであれば、キャリア相談や個別転職サポートを利用する前提で登録することをおすすめします。

dodaは求人転職サイトと転職エージェント(「dodaエージェント」)の2つの機能を兼ね備えた転職サービスです。

まずは求人の市場調査をしたいということであれば求人転職サイトとしての機能をまずは利用するためにエージェントサービス不要で登録をし、キャリア相談や転職サポートを受けたいとなったタイミングで「dodaエージェント」(エージェントサービス)を利用することをおすすめします。

Q)dodaの年収診断の評判は良いですか?

dodaの年収診断「年収査定ツール」の評判は「今の仕事よりも高い年収での診断結果であった」「今の仕事の給与が査定結果よりも高いことがわかった」「あてにできない」などとさまざまです。

たった10個の質問に答えるだけで診断結果が出る簡易ツールであるため、あくまでも参考程度としプロの転職サポートを受ける中で自分の市場価値を正しく把握することをおすすめします。

参考dodaエージェントは転職で使うべき?口コミ評判からわかる特徴&注意点

まとめ|dodaエージェントはひどい評判を気にせず利用できる

本記事では、dodaエージェントの良い評判とひどい評判を紹介するとともに、サービスのメリット・デメリットを解説しました。

dodaエージェントにはひどい評判は確かにありますが、それ以上に良い評判があります。

事実、dodaエージェントは転職者満足度で1位を獲得した、業界トップクラスのサポートを提供している転職エージェントです。

  • 転職FIELD編集部

    dodaエージェントは独占求人や独自サポートもあり、転職活動をスムーズに進められます。

page top