著者:転職FIELD編集部 2023年11月2日更新

  • TOP
  • おすすめ転職サイト
  • 転職しすぎはNG?ITエンジニアの転職回数が多い理由や転職を失敗しないための注意点を徹底解説!

カテゴリーおすすめ転職サイト

転職しすぎはNG?ITエンジニアの転職回数が多い理由や転職を失敗しないための注意点を徹底解説!

アップロード日2023/05/18

転職FIELD編集部

[PR]

「ITエンジニアが転職しすぎるのはなぜ?」

「すでに転職経験があるけれど、転職を繰り返すことで転職で不利にならないか?」

などと、不安を抱えていませんか。

確かに、短期間で転職しすぎていると転職において不利になるといった一般論はありますが、エンジニアが活躍する業界や企業においては必ずしも転職回数が多いことが不利になるとは限りません。

当記事では、

  • エンジニアが転職を失敗するよくある原因・理由とは
  • ITエンジニアによくある転職理由
  • 転職しすぎる傾向にあるITエンジニアが転職を成功させるコツ

などについて解説します。

  • 転職FIELD編集部

    エンジニアが転職しすぎる傾向にある原因や理由を正しく理解したうえで、不安を解消し前向きに転職活動に向かえるように参考にしてみてください。

おすすめ転職サイト 特徴 公式サイトURL
リクルートエージェントIT
・業界最大級の求人件数
・転職支援実績No.1
https://www.r-agent.com/it_engineer/
マイナビITエージェント
・年収アップ率73.7%
・サポート期間は無期限
https://mynavi-agent.jp/it/

参考ITエンジニアは転職回数が多くても不利にはならない理由と平均転職回数を徹底解説!

ITエンジニアが転職しすぎる傾向にある原因/事情

以下に、ITエンジニアが転職しすぎる傾向にある原因や事情について、詳しく説明します。

ITエンジニアが転職しすぎる原因①:技術の進化や市場の変化

ITエンジニアは常に新しい技術やツールを学び、自分自身を成長させる必要があります。

また、市場の需要やトレンドも常に変化しているため、その変化に合わせて転職することが必要になることがあります。

ITエンジニアが転職しすぎる原因②:業界の人材不足

IT業界は人材不足が深刻な問題となっており、特にエンジニアの不足が深刻です。

これは、IT技術の進歩が著しく、新しい技術やプログラムが頻繁に登場するため、従来の知識やスキルだけでは対応できなくなってきていることが一因として挙げられます。

また、IT業界が成長産業であることから、需要が高まり続けているため、多くの企業がエンジニアを求めていますが、その数に対して人材が不足している状況です。

  • 転職FIELD編集部

    そのため、優秀なITエンジニアは転職市場で大変な需要があり、転職がしやすい環境にあります。

Tエンジニアが転職しすぎる原因③:労働環境の整備は行き届いていない

ITエンジニアは、高い技術力が求められる分野であり、高い報酬と引き換えに過酷な労働環境があるというイメージがあります。

実際、ITエンジニアが活躍する業界や企業においては、残業が当たり前といった過剰な労働や、プロジェクトのスケジュールが過密化することが少なくありません。

このような労働環境が転職者を増やす要因になっているのは事実です。

ITエンジニアの市場価値は高い

ITエンジニアの市場価値は高い

ITエンジニアの市場価値は高いため、転職によってより高い報酬や、より良い労働環境を求める人も多いです。

Tエンジニアが転職しすぎる原因④:業務へのモチベーション低下

同じ業務を長期間続けることで、モチベーションが下がることがあります。

  • 転職FIELD編集部

    特に、新しい技術やプロジェクトに携わりたいという気持ちがある場合は、転職を検討することが多いです。

エンジニアによくある転職理由

転職しすぎる傾向にあるとされるITエンジニアですが、実際によくある転職理由としては以下が挙げられます。

待遇や給与が低いため

エンジニアは需要が高く、競争率も高いため、報酬が高い職場への転職を考えることがあります。

スキルに見合った報酬が得られない場合や、他社の報酬水準に比べて低い場合には、給与アップを目的に転職することがあります。

スキルアップを目指すため

エンジニアは常に最新の技術やノウハウを身につける必要があるため、新しい技術やプロジェクトに携わるために転職することがあります。

また、自分が得意とする技術分野や興味のある領域に特化するために、転職を考えることもあります。

人間関係や職場環境が悪いため

職場でのストレスや人間関係のトラブルが原因で、別の職場に転職することがあります。

職場環境が悪いなら転職すべき

職場環境が悪いなら転職すべき

特に、パワハラやセクハラ、職場の雰囲気が合わないなど、仕事に支障が出る場合には、早急な転職を検討することがあります。

会社の方針やビジョンに共感できないため

エンジニアは自分が開発する製品やサービスに責任を持つことが多く、自分が考えるビジョンや目標と、会社の方針が合わない場合、自分に合った環境で働くために他社に転職することがあります。

地理的な条件の変化

エンジニアの転職理由には、引っ越しや家族の事情、通勤時間の変化など、地理的な条件が変わったことが転職の理由になる場合があります。

  • 転職FIELD編集部

    特に、家族との時間を大切にするために、自宅から通勤時間の短い職場を求めることが多いです。

参考ITエンジニアは転職が当たり前?回数を重ねると不利?

【参考】転職しすぎ?複数回転職を繰り返したITエンジニアの口コミ・評判

以下は、転職を失敗・転職を後悔したITエンジニアの口コミ・評判の例です。

ITエンジニアとしての転職を失敗・後悔したことにより、予期せぬ転職をし、転職しすぎを防ぐために、まずは参考までに確認しておきましょう。

口コミ・評判①:仕事内容とのミスマッチ

「転職先で仕事が合わなかった。求人募集の際に書かれていた業務内容と実際に担当する業務が違ったため、やりがいがなかった。また、上司との人間関係がうまくいかず、ストレスがたまった。もう少し詳しく調べてから転職活動をすべきだったと後悔している。」

「転職先で求められるスキルが違っていた。前職では特定の技術を使っていたが、転職先では前職とは異なる技術が必要だったため、業務についていけなかった。転職活動の際に、エンジニアとして求められるスキルや業務内容をもっと詳しく調べることが必要だったと後悔している。」

口コミ・評判②:給与がアップしたが、労働環境が悪化し

「転職先で残業が多く、プライベートの時間が取れなくなった。前職よりも給与が良かったため、魅力に惹かれすぎて、労働時間や労働環境を考慮しなかった。転職活動の際には、給与だけでなく、労働環境やワークライフバランスも重要だと学んだ。」

口コミ・評判③:理想のキャリアを築けそうにない

「転職先でスキルアップができなかった。前職では新しい技術を学べたが、転職先では古い技術ばかりで、成長を実感できなかった。転職活動の際にもっと技術的な情報を収集することが必要だったと後悔している。」

参考エンジニアの転職回数はなぜ多いといわれるのか?

転職しすぎる傾向にあるITエンジニアが転職を成功させるコツ

転職しすぎる傾向が高いITエンジニアですが、転職回数を問わず共通して実践すべきコツは下記の通りです。

転職の動機を明確にすること

ITエンジニアとしての自分がなぜ転職したいのか、ITエンジニアとして何を得たいのかを明確にすることが大切です。

その理由がはっきりしていれば、自分に合ったITエンジニアとしての求人を見つけることができます。

スキルアップを意識すること

ITエンジニアとして市場価値の高いスキルを磨くことは、次のITエンジニアとしての転職にも役立ちます。

  • 転職FIELD編集部

    新しい技術やプロジェクトに積極的に携わり、ITエンジニアとしてのスキルアップに努めましょう。

職務経歴書やポートフォリオの充実を図ること

ITエンジニアとしての自分自身の経験や実績をアピールすることで、ITエンジニアとしての転職先からの評価も高まります。

エンジニア転職のポイント|スキルPR

エンジニア転職のポイント|スキルPR

ITエンジニアとしての経験や実績をまとめた職務経歴書やポートフォリオを作成し、充実させることが大切です。

コミュニケーション能力を磨くこと

ITエンジニアとしての技術力だけでなく、面接や業務でのコミュニケーション能力が高い人は求人選考の過程でも評価されやすくなります。

コミュニケーション能力を磨くために、コミュニケーション能力の高いITエンジニアから学び、積極的にコミュニケーションをとりましょう。

経験者や転職エージェントのアドバイスを活用すること

ITエンジニアとしての転職にはノウハウが必要です。

転職エージェントやITエンジニアの経験者からアドバイスをもらい、ITエンジニアとしての転職の成功確率を高めましょう。

  • 転職FIELD編集部

    アドバイスをもとに自分に合ったITエンジニアとしての求人選びをすることができます。

参考エンジニアが転職後に後悔しないために事前に準備することを解説

意図的に転職しすぎるITエンジニアはフリーランスになることも方法の一つ

ITエンジニアは、転職することでキャリアアップやスキルアップを目指す場合が多いです。

すでに転職しすぎているITエンジニアでも、フリーランスになることでキャリアを伸ばすことができます。

ただし、フリーランスになるためには、実績やスキルが必要不可欠であり、慎重な準備が必要です。

企業に就職してスキルアップをはかるために望んで転職をし実績を積んできたのであれば、フリーランスになることを目指すことも視野に入れてみるとよいでしょう。

もちろん会社員とは違い収入面においては不安定ですが、実力や今後のスキルの伸ばし方によっては会社員以上の収入が見込めます。

フリーランスエンジニアのメリット

フリーランスエンジニアのメリット

時間の使い方においては会社員時代よりも柔軟性がある働き方を実現できる可能性が高いため、自分の時間を確保し知識やスキルアップ、交流の場への参加を積極的に行えることにも期待できます。

参考エンジニアの平均的な転職回数は?

転職しすぎる傾向にあるITエンジニアにおすすめの転職エージェント・転職サービス

合わせて読みたい「転職エージェントの複数利用」について

転職エージェントの複数利用でおすすめの組み合わせを紹介!併用のメリット・デメリットとは

転職エージェントを複数利用するのは、転職活動の基本テクニックのひとつです。そこで、転職エージェントの複数利用するメリットやデメリット、注意点について詳しく紹介しています。

「リクルートエージェントIT」

出典:リクルートエージェントIT

「リクルートエージェントIT」は、株式会社リクルートが運営する転職エージェントで、エンジニアに特化しており、求人数がエンジニア業界最大級という強みを持っています。

また、エンジニアに精通したキャリアアドバイザーから高度なサポートを受けることができます。

信頼度の高さと幅広い求人バリエーションが特徴の一つです。

合わせて読みたい「リクルートエージェントの評判・口コミ」

リクルートエージェントの評判・口コミはひどい?求人の質など徹底解説します

リクルートエージェントは、業界最多求人数を誇る大手転職エージェントです。リクルートエージェントの評判を、利用者の口コミをもとに徹底調査し、サービスや求人の質についても解説しています。

マイナビITエージェント」

出典:マイナビITエージェント

「マイナビITエージェント」は、株式会社マイナビが運営する転職エージェントで、主にIT/webエンジニア職に特化しています。

ターゲット層は実務経験者で、20代〜30代が多く利用しています。

転職初心者でも丁寧なサポートを受けられる点が魅力で、全国エリアに対応しています。

エンジニアのキャリアアップ・年収アップを目指す人におすすめです。

合わせて読みたい「マイナビIT AGENTの評判・口コミ」

マイナビIT AGENTの口コミ / 評判は?利用するメリットとデメリットを解説!

マイナビIT AGENTは、ITエンジニアを中心にIT業界への転職希望者に向けて転職サポートをしているマイナビエージェントの専門サービスです。この記事では、マイナビIT AGENT利用者の口コミ / 評判から、サービスの特徴と注意点、メリット / デメリットを解説しています。

まとめ|エンジニアが転職しすぎることが転職が不利になるとは限らない!

ITエンジニアの転職においては転職回数が多いこと・転職しすぎることが転職に不利になるとは限りません。

大切なのは、転職を通じて得たスキルや実績がどのように活かされたかということです。

転職自体が悪いわけではなく、転職がしたことが自己成長やキャリアアップにつながるかどうかが重要なのです。

「転職して良かった」と思えるためには、エンジニアとしての長期的なキャリアを描いたうえで、実現に向けたスキルの習得と計画性のある転職への下準備です。

エンジニアが転職しすぎるイメージがあることや、自分自身が転職回数が多いことを不安視せず、ステップアップできる環境への転職を実現していきましょう。

合わせて読みたい「IT/Webエンジニアにおすすめ転職サイト」

【未経験もOK】IT / WEBエンジニアにおすすめの転職サイト10社をランキング比較

ITエンジニアとして転職をするなら、IT業界の求人が豊富な転職サイトやエンジニアに特化した転職サイトを利用することをおすすめします。そこでIT/WEBエンジニアにおすすめの転職サイト10社を、比較を交えながら紹介しています。
page top