著者:転職FIELD編集部 2023年1月26日更新

カテゴリーおすすめ転職エージェント

JACリクルートメントの評判・口コミは良い?悪い?サービスの注意点と登録方法を解説!

アップロード日2023/01/26

転職FIELD編集部

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: JAC%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88_%E5%BA%83%E5%91%8A2.jpeg
出典:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、オリコン顧客満足度「ハイクラス・ミドルクラス転職部門」で4年連続1位を獲得している人気の転職エージェントです。

30代以降のキャリアアップ転職に向けて、手厚いサポートを提供しています。

実績のあるJACリクルートメントですが、登録前に自身が考える転職の方向性とマッチしているかを確認することが大切です。

  • 転職FIELD編集部

    本記事では、JACリクルートメント利用者の口コミ・評判から、求人の特徴やサービスの注意点、登録方法を解説します。

JACリクルートメントの良い評判 JACリクルートメントの悪い評判
・外資系企業や日系グローバル企業に強い
・マッチング率の高い求人だけを紹介してくれる
・コンサルタントの質が高い
・求人数が競合他社よりも少ない
・担当者と相性が合わないことがある
・20代や職歴が浅い人材はサポートを受けられない

「JACリクルートメント」とは

出典:JACリクルートメント

最初に本記事の結論をお伝えします。

JACリクルートメントは、キャリアアップやハイクラス転職に向けて
サポートを希望する30〜50代におすすめの転職エージェントです。
求人は、外資系企業やグローバル企業の求人をメインに保有しています。
年収2,000万円以上にも対応している数少ない転職エージェントのひとつです。
一定以上のスキル・経験がある人は利用をおすすめします。

参考JACリクルートメントの評判は?転職のプロが本音で解説

JACリクルートメントの評判はやばい?利用者からの口コミをチェック

ここでは、JACリクルートメントの口コミから良い評判・悪い評判を見ていきます。

利用者がサービスのどこに魅力を感じ、何に不満を持っているのかが分かるよう、SNSに投稿されたものの中からピックアップしました。

JACリクルートメントの良い口コミ・評判

良い評判を探してみると、求人の質とサポート力の高さを評価するものが見つかりました。

JACリクルートメントの良い評判JACリクルートメントの良い評判

  • 高年収の求人を紹介してくれる
  • 非公開求人をたくさん保有している
  • コンサルタントが優秀
  • 紹介求人のマッチング率が高い

手厚いサポートで転職活動の効率化が図れるので、働きながら転職活動を進める方にとって利用するメリットが大きいです。

参考レビュー(ご利用者の声・評判)

良い口コミ・評判①「外資系やグローバル企業の高年収求人が多い」

  • 転職FIELD編集部

    JACリクルートメントは、年収500万円以上のキャリアアップに最適な求人が豊富です。

約15,000件の公開求人に対して約10,000件が年収500万円以上、ハイクラス求人(年収800万円以上)の求人は約1,300件保有しています。

紹介企業は外資系企業や日系グローバル企業が大半です。

年功序列ではなく実力主義の企業が多い傾向にあるので、市場価値が高い人材であれば、高年収の求人にチャレンジできます。

良い口コミ・評判②「非公開求人の質が高い」

非公開求人とは、転職エージェントのコンサルタントからの紹介と転職サイトの特別オファーでのみ閲覧・応募できる求人のことです。

応募者が限定されることから、非公開求人への応募は転職に有利とされています。

  • 転職FIELD編集部

    JACリクルートメントの非公開求人の割合は、保有求人全体の約65%です。

    公式サイトで閲覧できる公開求人よりも非公開求人の方が多いことを示しています。

出典:JACリクルートメント|非公開求人とは

高年収の求人に特化しているJACリクルートメントに非公開求人を紹介してもらえれば、キャリアアップ・年収アップの可能性が高まります。

参考JACリクルートメントは利用すべき?500人の評判とその真偽を検証した結果

良い口コミ・評判③「コンサルタントから有益な情報を共有してくれる」

コンサルタントの優秀さは、利用者から評判です。

特に「情報量」に関して高評価する方が多い印象があります。

JACリクルートメントには、各業界・職種に特化したコンサルタントが在籍しており、それぞれ担当分野における専門知識を有しているのが強みです。

現職の求職者と同等の知識を有しています。

  • 転職FIELD編集部

    転職市場や企業情報も把握しているので、有益な情報を共有してもらえるはずです。

参考JACリクルートメントの評判はどう?転職者の口コミや体験談も掲載

良い口コミ・評判④「マッチング率の高い求人を紹介してくれる」

転職エージェントは、求職者の転職を成功させると転職先企業から人材紹介に対して報酬が得られるビジネスモデルとなっているため、求職者の希望にマッチしていない求人であっても、積極的に紹介するところは少なくないです。

しかし、JACリクルートメントは希望条件にマッチした求人を厳選して紹介することを徹底しており、利用者からも高い評価を得ています。

  • 転職FIELD編集部

    日本で30年間以上、累計約43万人への転職サポート実績があるJACリクルートメントのサポート力は業界トップクラスの高さです。

JACリクルートメントの悪い口コミ・評判

多くの求職者から支持されているJACリクルートメントですが、一部悪い評判もあります。

JACリクルートメントの悪い評判JACリクルートメントの悪い評判

  • 保有している求人数が少ない
  • コンサルタントと相性が合わないことがある
  • 利用を断られた

上記の悪い評判を、利用者の口コミを交えて見ていきます。

悪い口コミ・評判①「求人が少ないから併用がおすすめ」

悪い評判として気になるのが「求人数が少ない」という口コミです。

実際にどのくらい少ないのか、以下に競合他社との公開求人数の比較をまとめました。

転職エージェント・転職サイト 公開求人数
「JACリクルートメント」 14,929件
「パソナキャリア」 37,985件
「doda X」 19,986件
「ビズリーチ」 84,593件
「リクルートダイレクトスカウト」 368,312件
2022年12月11日現在)

JACリクルートメントの公開求人数は、競合他社よりも少ないことが分かります。

求人数が少ないのは、高年収の求人を厳選しているためです。

年収200万円~の求人を扱っている他社とは異なり、JACリクルートメントは外資系企業とグローバル企業の高年収求人をメインにしているところに特徴があります。

  • 転職FIELD編集部

    保有求人の傾向がハッキリとしているので、転職の目的が明確な人との相性は抜群です。

参考JACリクルートメントの評判!転職で外資系に強く海外でもおすすめ

悪い口コミ・評判②「相性が合わないコンサルタントが担当になることがある」

転職エージェントによくあるトラブルが「担当者と相性が合わない」というものです。

経験が乏しくサポート力が低いコンサルタントや、性格が合わないコンサルタントが担当者になってしまうことがあります。

JACリクルートメントのコンサルタントのサポート力は評判です。

しかし、相性が合わなければ、提供されるサポートに不満が溜まってしまいます。

  • 転職FIELD編集部

    「相性が悪い」と感じたら、担当者を変更するのがおすすめです。

担当者の変更方法

現在の担当者、もしくは、利用している拠点に担当者を変更したい旨を連絡します。

参考JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!注意点や登録手順も解説

悪い口コミ・評判③「利用を断られた・求人を紹介してもらえなかった」

JACリクルートメントは、直近年収500万円以上の30~50代の人材を対象に転職サポートを実施していることが求人検索画面からも分かります。

出典:JACリクルートメント

以下に該当する方は、サポートを断られてしまう恐れがあります。

    ・20代・第二新卒
    ・就業経験がない
    ・直近年収500万円未満
    ・客観的に見て転職回数が多い

上記に加え、ハイクラス転職を目指す方はマネジメント経験も重要視されます。

サポートを断られたという悪い評判は、JACリクルートメントに限らず、高収入求人に特化している転職エージェントにはよくあるものです。

JACリクルートメントがおすすめの人

JACリクルートメントの良い評判・悪い評判を紹介しました。

ここまでの情報をまとめると、利用がおすすめな人が分かります。

ポイントJACリクルートメントがおすすめの人

  • 30~50代のビジネスパーソン
  • 直近年収500万円以上の人
  • 外資系企業や日系グローバル企業に転職したい人
  • 英語を活かせる仕事をしたい人
  • キャリアアップや年収アップを目指している人
  • 転職

JACリクルートが保有している求人は、高年収のものが中心です。

紹介する企業も外資系やグローバル系に絞られているため、サービスがおすすめの人と向いていない人がはっきりとしています。

年収2,000万円まで対応していることに加え、高いサポート力を提供しているJACリクルートメントは、30~50代のキャリアアップに最適です。

  • 転職FIELD編集部

    一方、以下に該当する方は、サポートを断られてしまう恐れがあります。

ポイントJACリクルートメントが向いていない人

  • 20代の方や第二新卒の職歴が浅い人
  • 就業経験がない人
  • ブランクがある人、再就職する人
  • 直近年収が500万円未満の人
  • 年齢に見合ったスキル、実績がない人
運営会社 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
拠点 東京・埼玉・神奈川・愛知・静岡・大阪・京都・神戸・広島・福岡
サービス種別 転職エージェント
おすすめの年代 30~50代
求人エリア 全国・海外
公開求人数 14,929件
非公開求人数 非公開
サポート期間 無期限

(2022年12月11日現在)

参考JACリクルートメントの評判・QA集!ガチ調査をもとにプロも解説

20代の若手人材はJACキャリアに登録するのがおすすめ

出典:JACキャリア

JACキャリアは、20代を専門に転職サポートを提供する転職エージェントです。

IT・デジタル領域に注力する形でスタートしたJACキャリアですが、現在は総合型転職エージェントとしてサービスを展開しており、JACリクルートメントと同様のサポートを提供しています。

NTTコムオンラインNPSによるベンチマーク調査では、「転職エージェント部門」で1位を獲得しました。

  • 転職FIELD編集部

    転職でハイキャリアを目指す20代は、JACキャリアへの登録がおすすめです。

合わせて読みたい「20代におすすめ転職エージェント」

20代におすすめの転職エージェント16選!女性や未経験者も利用できる!

この記事では、20代の転職活動におすすめの転職エージェントをご紹介しています。また、転職エージェント利用の流れや20代が転職を成功させるポイントもまとめています。

JACリクルートメントが支持される4つの理由

JACリクルートメントが多くの求職者から支持される理由は、以下の4つです。

JACリクルートメントが人気の理由

  • 厳選された高年収の求人が揃っている
  • 30~50代を専門とする数少ない転職エージェント
  • 外資系企業や日系大手企業を紹介してくれる
  • 在籍するコンサルタントが優秀

それぞれ詳しく見ていきます。

厳選された高年収の求人が揃っている

14,929件ある公開求人のうち、約70%にあたる9,979件が年収500万円以上のものとなっており、非公開求人を含めて保有求人全体が高年収の求人が占めていることが分かります。

  • 転職FIELD編集部

    直近年収2,000万円以上の方のサポートも可能です。

他社転職エージェントのように、現職よりも年収が低い求人ばかり紹介されることはなく、キャリアアップ・年収アップに向けて必要な求人のみを効率良く得られます。

30~50代を専門とする数少ない転職エージェント

出典:JACリクルートメント|転職支援実績

JACリクルートメントは、ミドル層の転職に特化した転職エージェントです。

公開されている2017年の転職支援実績データを見てみると、40代以降の利用者が半数以上となっています。

20代を専門とするJACキャリアもスタートし、現在ではミドル層のハイクラス転職サポートを専門とする転職エージェントとしての地位を確かなものにしています。

外資系企業や日系大手企業を紹介してくれる

JACリクルートメントの求人は、誰もが知る大手企業がメインです。

外資系や日系グローバル企業を紹介している他、世界11ヶ国にある拠点を活かしたグローバルネットワークで海外転職も専門的にサポートしています。

海外に拠点を持ち、外資系企業や海外転職に強いのは、JACリクルートメントがロンドン発の転職エージェントだからです。

  • 転職FIELD編集部

    「グローバルに活躍したい」「大手企業に転職したい」といった方に最適なサポートを提供できる体制が整っています。

参考【評判】JACリクルートメントは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

在籍するコンサルタントが優秀と評判

JACリクルートメントに在籍しているコンサルタントは約1,200名、それぞれ専門としている業種・職種があります。

専門分野に関する知識は現職の方と同等です。

求職者が希望する業界における市場価値を正確に分析し、マッチング率の高い求人をピックアップしてくれます。

  • 転職FIELD編集部

    これまでに日本で30年以上、計43万人以上への支援実績があり、JACリクルートメントのサポート力は抜群です。

年収アップを狙うならJACリクルートメントに登録すべき!評判も良い

JACリクルートメントに関するネット上の口コミをリサーチしていると、比較的が評判良く、ハイクラス向け転職エージェントということもあり年収アップを実現した声も多数見られました。

求人やキャリアアドバイザーの質に関しても高評の声があがっており、バランスの良い転職エージェントであるようです。

下記にて具体的な口コミを紹介するので、ひとつ参考にしてみてください。

口コミ・評判①|「求人数の質が良い」

  • 転職FIELD編集部

    JACリクルートメントには、マネジメント職やエキスパート職などのミドル層に向けた国内大手、外資系、海外進出企業の求人を厳選しています。

口コミ・評判②|「担当者の質にバラつきがない」

  • 転職FIELD編集部

    JACリクルートメントでは企業と求職者それぞれに対するサポートを一人のコンサルタントが行う「両面型」のビジネスモデルを導入しています。両者のニーズを引き出し最適なマッチングができる環境は整っていることが強みのひとつです。

口コミ・評判③|「意外にも第二新卒向け求人も用意あり」

  • 転職FIELD編集部

    20代での利用は早いイメージを持たれがちなJACリクルートメントですが、キャリアや希望条件によっては適切な求人を紹介してもらえる可能性はあります。利用を悩んでいる方はまずは登録してみてください。

口コミ・評判④|「年収アップを実現!」

  • 転職FIELD編集部

    JACリクルートメントでは、質の高い求人を取り扱っていることはもちろん、業界や職種に精通したプロフェッショナルなコンサルタントが、求職者の市場価値を正確に分析してくれます。自分では気づかなかった魅力を引き出し、より高みを目指し転職活動を行なっていけることに期待できますよ。

参考JACリクルートメントの評判・口コミまとめ|おすすめの人も

JACリクルートメントを利用する際の注意点

評判の良いJACリクルートメントですが、いくつかの注意点があります。

JACリクルートメントの注意点

  • キャリアによっては求人を紹介してもらえない
  • 保有求人は競合他社よりも少ない
  • 担当者と相性が合わないこともある

ここでは、上記の3つの注意点を解説していきます。

キャリアによっては求人を紹介してもらえない

30代以降のキャリアアップ・年収アップを目的とした転職サポートを専門とするJACリクルートメントは、キャリアによっては求人を紹介してもらえないことがあります。

  • 転職FIELD編集部

    年収の目安としては直近500万円がボーダーラインです。

また、転職市場において企業が30代以降のビジネスパーソンに求めるのは「即戦力」のため、スキルがあることを前提にマネジメント経験が求められます。

保有求人は競合他社よりも少ない

先に紹介した求人数比較表を見て頂くと分かる通り、年収500万円以上の大手企業を厳選しているJACリクルートメントは、競合する他社転職エージェントと比較して保有求人数が非常に少ないです。

30代以降の方であっても「転職の可能性を模索したい」といった方よりも、「大手企業・有名企業に転職してキャリアアップをしたい」という方向けとなっています。

キャリアアップ・年収アップに最適な求人だけを得られるのがJACリクルートメントの強みなので、年収を問わず転職先の候補を増やしたい方は、他社転職エージェントと併用するのがおすすめです。

担当者と相性が合わないこともある

サポートの質の高さが評判のJACリクルートメントですが、担当のコンサルタントと性格が合わなかったり、サポートの進め方に関する考えが異なったりすることは珍しくないです。

転職エージェントは、担当者によって転職活動が左右されます。

「要望を伝えても改善がされない」「相性が悪いと感じる」といったときは、早急に担当者の変更を申請するのが良いです。

  • 転職FIELD編集部

    利用している拠点に、担当者を変更したい旨を連絡すれば応じてもらえます。

参考JACリクルートメントのネット上(2ch・twitter)での評判は?リアルな口コミを徹底調査!

口コミ・評判からわかるJACリクルートメントのメリット・デメリットまとめ

口コミや評判を踏まえてJACリクルートメントを利用するメリット・デメリットを下記の通りまとめました。

JACリクルートメントのサービスの特徴を把握したうえで、相性が良さそうかどうか利用を検討してみてください。

参考【JACリクルートメント】評判・口コミ|登録拒否は?ばれる?面談から退会までの流れを整理

口コミ・評判からわかるJACリクルートメントのメリット

JACリクルートメントに関する良い口コミ・評判としては、「高年収の求人を紹介してもらえる」「非公開求人の割合多く、紹介してもらうことができた」「コンサルタントが優秀」「紹介求人とのマッチング率が高い」といった声があがっていました。

口コミ・評判を踏まえたうえでJACリクルートメントを利用するメリットとなる特徴は下記の通りです。

メリット|JACリクルートメントのサービスの特徴メリット|JACリクルートメントのサービスの特徴

  • 30代〜50代向けの高年収求人に特化(外資・海外転職にも強い)
  • 専門性の高い業界・職種別のコンサルタントによるサポートの質が高い
  • 非公開求人を紹介してもらえる可能性が高い(※全体の約60%が非公開求人)
  • 市場価値が高い求人を取り扱っており、求人紹介者とのマッチングの精度が高い

求人数が少ないことを次項のデメリットとしてあげてはいますが、優秀な人材を必要とする質の高い求人を厳選したうえで取り扱っているため数が限られてしまうという見方にもなります。

その分求人紹介をする求職者の的を絞れており、マッチングの精度を評価する声が多いという見方ができます。

口コミ・評判からわかるJACリクルートメントのデメリット

JACリクルートメントに関するネガティブな口コミ・評判としては、「求人数が少ない」「コンサルタントとの相性がよくなかった」「登録したが利用を断られた」といった声がありました。

口コミ・評判を踏まえたうえでJACリクルートメントを利用するデメリットとなる特徴は下記の通りです。

デメリット|JACリクルートメントのサービスの特徴デメリット|JACリクルートメントのサービスの特徴

  • 他大手転職エージェントと比較すると求人数が少なめ
  • 管理職・エグゼクティブ・専門職に特化しているため、求人紹介のハードルが高い
  • 求人が首都圏に集中(地方エリアの求人は少ない)

「コンサルタントとの相性がよくなかった」という口コミ・評判ついては、JACリクルートメントに限った話しではなくいずれの転職エージェントを利用しても起こりえることなのでデメリットとは言い難い内容です。

JACリクルートメントは転職市場価値が高いとされるハイキャリア専用の転職エージェントであるため、登録しても求人紹介や面談を断られてしまう可能性がハイクラスに特化していない転職エージェントと比較すると高いことは致し方ありません。

断られる可能性があることを前提とし、まずは登録をしてみるといったスタンスで利用を進めていくとよいでしょう。

JACリクルートメントを利用した転職活動の流れ

ここでは、JACリクルートメントの登録~転職先入社までの流れを解説します。

利用の流れ

  • (1)会員登録
  • (2)面談(キャリアカウンセリング)
  • (3)求人の紹介
  • (4)書類の添削・面接対策
  • (5)転職先への入社

順を追って見ていきます。

(1)会員登録

公式サイトにある「転職支援サービスに申込む」にアクセスし、現在の職種と年収、住まいの都道府県、メールアドレスを入力して仮登録を行います。

仮登録後、メールに届く本登録用URLから下記の情報を入力したら登録の完了です。

登録時の必須項目

・氏名
・生年月日
・電話番号
・メールアドレス
・住所
・最終学歴
・現在の勤務状況
・転職回数
・職歴
・企業での詳細な経験・資格 / スキル / 語学力
・勤務希望地
・その他(アンケート、伝えておきたいこと)

履歴書や職務経歴書のファイルがある場合、本登録画面から登録できます。

面談や他の転職エージェントへの登録時に職務経歴書が必要になることもあるので、履歴書や職務経歴書を予め作成しておくのがおすすめです。

(2)面談(キャリアカウンセリング)

会員登録の完了から1週間程で面談の案内がメールで届くので予約をします。

以前は、面談をする際は全国にある拠点に足を運ぶのが一般的でしたが、現在ではオンライン面談が普及しており、JACリクルートメントでもzoomによる面談を実施中です。

面談の所要時間は30分~1時間程度となっています。

面談をする目的面談をする目的

  • 自己紹介
  • 職歴からアピールポイントの発見
  • 市場価値の分析
  • 希望条件の明確化
  • 希望業界の確認
  • 転職までのスケジュールの立案

履歴書や職務経歴書を用意しておくとスムーズです。

会員登録時に職務経歴書を登録した方は、面談時に求人を紹介してもらえるケースが多いので、短期間での転職成功を目指す方は、予め用意しておくことをおすすめします。

(3)求人の紹介

面談内容を参考に、担当のコンサルタントから求人を紹介されます。

求人や企業に関して質問がある場合は、担当者に聞くと教えてもらえるので、応募するかどうかの判断に迷うときでも安心です。

  • 転職FIELD編集部

    応募しない際は、理由を添えてその旨を伝えることで、より希望にマッチした求人を探してくれます。

参考ハイクラス向け転職ならJAC リクルートメント!評判や特徴など紹介

(4)書類の添削・面接対策

応募する求人が決まったら、作成した応募書類(履歴書・職務経歴書)をもとに、書類選考通過に向けて担当者が添削を行ってくれます。

面接対策には積極的に参加するのがおすすめです。

担当者が面接官となって、本番さながらの模擬面接を行ってくれる他、よく聞かれる質問や好印象を与える伝え方、応募企業の情報を提供してもらえます。

  • 転職FIELD編集部

    海外転職もサポートしているJACリクルートメントは、英語での選考対策にも対応しているのが強みです。

(5)内定獲得・転職先への入社

面接を通過し、無事に内定を獲得したら労働条件を確認します。

条件交渉に関しては、JACリクルートメントが代行してくれます。

個人的に交渉する場合とは違い、交渉決裂になる心配は不要です。

転職先への入社日も、JACリクルートメントが企業との間に入って調整してくれます。

  • 転職FIELD編集部

    JACリクルートメントの担当者にスケジュールを伝えておくだけで大丈夫です。

参考JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説

JACリクルートメントを使ってみたら最悪だったという評判はなぜ生まれる?

JACリクルートメントに実際に登録し利用を進めてみた人の中には「最悪」と言えるほどのネガティブな口コミ・評判も散見されました。

JACリクルートメントが最悪だと感じた理由は主に下記の通りです。

「」 JACリクルートメントが最悪と評判が生まれた理由JACリクルートメントが最悪と評判が生まれた理由

  • 面談を拒否された
  • 求人を紹介されない
  • 担当者の対応が最悪

JACリクルートメントはハイクラス向けの求人に特化しており、求人紹介を受けられるハードルが高く、登録者誰しもがサービスの良さを存分に感じることが難しいという事情があります。

登録しても初回面談へのステップに進めなかったり、面談を受けられたとしても求人紹介を受けられなかったりすることはあえると認識しておくべきです。

  • ハイクラス向けの求人ばかり

  • 求人数が比較的少ない

また、キャリアアドバイザーとの相性が悪くJACリクルートメントに対してネガティブなイメージを抱いてしまったという方も中にはいます。

ただし、キャリアアドバイザーとの相性が悪いことや対応にばらつきがあることは、いずれの転職エージェントを利用しても共通に起こりうると認識しておくべきです。

  • 転職FIELD編集部

    JACリクルートメントを登録・利用してみて最悪だったと感じた人向けの対策について、次項にて解説していきたいと思います。

参考JACリクルートメントが『最悪』と評価される3つの理由

JACリクルートメントから連絡来ない/紹介されない場合の対策とは?

JACリクルートメントの登録を済ませたけれど、「一向に連絡が来ない」「求人紹介がない」という人は結論、他の転職サービス(転職エージェント・スカウト制転職サービス・転職サイトなど)に乗り換えることがおすすめです。

JACリクルートメント登録すること自体を断られることはありませんが、下記が理由で面談や求人紹介を断られるケースがあることは確かです。

  • キャリア・スキル不足
  • 希望条件に見合った内容の求人がない
  • 経験値が浅い20代

ハイクラス転職に特化した転職エージェントであり、再登録することにより利用できるようになる可能性は極めて低いと言えます。

転職予定が半年以上先でスキルアップが見込めるケースを除き、再登録に力を注ぐことなく相性の良い転職サービスを見つけ出すことに注力していく方がよいでしょう。

ハイキャリア転職を目指すうえの第一歩として自分の市場価値を正しく把握することが必要不可欠です。

  • 転職FIELD編集部

    スカウト制の転職サービスや転職サイトの診断ツール、キャリアアドバイザー(転職エージェント)などを駆使して今一度自分のキャリアと向き合ってみてください。

参考JACリクルートメントの評判・口コミは本当?徹底調査による賢い利用方法も解説

JACリクルートメントに登録すると会社にばれる評判はホント?

JACリクルートメントの利用を検討する中で、「登録してしまうと会社にバレてしまうのでは?」と心配している方もいることでしょう。

結論、JACリクルートメントを利用することで勤務先や関連会社にバレてしまうことはまずありえません。

理由としては、下記の通りです。

会社にバレない理由とは

  • 企業は応募前の段階で求職者情報の開示不可
  • サイトセキュリティが万全
  • 社内的に個人情報の漏洩を徹底している

参考JACリクルートメントの評判・口コミとおすすめ理由や注意点

企業は応募前の段階で求職者情報の開示不可

JACリクルートメントに登録する求職者情報は、求職者が応募する前の段階で企業側に明かされることはありません。

求職者本人の同意がなければ情報を開示することができないため、登録していることが勤務先にバレるといった心配は無用です。

求人にスカウト・紹介するのはコンサルタントであり、ヘッドハンターや企業がオファーする仕組みではないため個人情報を登録したことにより会社にバレることはないと認識しておきましょう。

合わせて読みたい「30代におすすめ転職エージェント」

30代におすすめの転職エージェント18選|女性やハイクラス向けなど目的別にご紹介します

この記事では、目的別に30代におすすめの転職エージェントを18社にまとめて、厳選して紹介しています。また、転職エージェントを利用するにあたって、知っておきたい選び方やポイントも解説しています。

JACリクルートメントに登録拒否…お断りされたときの対策とは?

JACリクルートメントに限らず、転職エージェントは基本的に登録すること自体を断ることはありません。

よって登録拒否という概念はなく、面談へのステップを断られたという認識が正しいです。

JACリクルートメントでは、登録情報(年齢・経歴・スキル・転職回数・希望条件・希望エリアなど)を確認のうえで求人紹介すべき人かの優先順位をつけられるため登録者すべてに平等に面談の機会を与える訳ではないという事情があります。

ちなみに、対面での面談の案内を受けられない理由として考えられるよくあるケースは下記の通りです。

  • 登録時に無職(すでに前職を退職)
  • 20代前半
  • 55歳以上
  • 年収が600万未満

登録してすぐに、「現状では紹介できる求人がない」「対面での面談ではなく、電話面談のみの提案をされた」場合は転職サポートの優先順位が低いと受け止め、他の転職エージェントへの乗り換えをすることをおすすめします。

JACリクルートメントを退会せず、他社の転職エージェントへの利用に重きをおき、求人紹介を受けられる状態へと行動していきましょう。

参考【裏技】登録拒否後にJACリクルートメントからサポートを受ける方法

JACリクルートメントと併用がおすすめの転職エージェント

こちらでは「JACリクルートメント」との併用をおすすめする転職エージェントをご紹介します。

JACリクルートメントと併用がおすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト
  • ビズリーチ
  • パソナキャリア

参考JACリクルートメントで登録拒否?断られた?と感じる理由と 対処法を上場企業部長が解説

「リクルートダイレクトスカウト」

出典:リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス・エグゼクティブ求人を中心に保有するスカウト型の転職サービスです。

年収800~2,000万円の求人が多数。登録後は企業やヘッドハンターからのスカウト連絡を待つだけといったわかりやすいシステムであるため、自分の転職市場価値をはかるためにまず登録してみるといった使い方もおすすめです。

スカウト連絡を登録してすぐに受け取れるとも限らないため、転職活動期間に余裕をもち早めに登録しておくことがポイント。スカウト制サービスではない他社の転職エージェントとの併用使いがしやすいことでしょう。

合わせて読みたい「リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミ」

リクルートダイレクトスカウトの評判は悪い?口コミの特徴と登録がバレるのか?を解説

この記事では、利用者の口コミからリクルートダイレクトスカウトの評判やサービスの特徴、メリット・デメリットなどを解説しています。そして、リクルートダイレクトスカウトを賢く使うためのポイントを紹介しています。

「ビズリーチ 」

出典:ビズリーチ

ビズリーチ は管理職や専門職などのプロフェッショナル人材向けのハイクラス求人を取り扱うスカウト制の転職エージェントです。

業界トップクラス規模の求人の内、3分の1以上が年収1,000万円以上クラス。経営幹部やマネジメント職などの高年収案件を豊富に取り揃えており、企業の採用担当者や優秀なヘッドハンター、人材紹介会社より直接スカウト連絡を受け取りやりとりをすることが可能です。

ただし、利用にあたっては登録後審査があり、ビズリーチ独自の基準を満たさなければサービスの利用を断られてしまうケースもあります。

また、利用できるサービスの範囲によって会員ステータスを用意。会員ステータスによっては有料であることもビズリーチ ならではの特徴です。

今すぐの転職を急いではいないけれど、転職を視野に入れている人が自分の市場価値をはかるために最適な転職サービスと言えます。

合わせて読みたい「ビズリーチの評判・口コミ」

ビズリーチの評判は最悪?口コミや年収アップを実現させる秘密を徹底調査

この記事では、ビズリーチ利用者からの口コミ・評判から、基本情報・システム・メリット・デメリットなどを解説しています。またハイクラス転職を成功させるためのポイントも紹介しています。

「パソナキャリア」

出典:パソナキャリア

パソナキャリアはキャリアアップを目指す20代・30代の求職者を中心に、ハイクラス求人を取り扱う転職エージェントです。

全体の求人の内、年収800万以上が半分以上を占めており、実績としても利用者の3人に2人の確率でパソナキャリアを通して年収アップを実現。2019年より、オリコン顧客満足度4年連続No. 1と高評の転職サービスです。

キャリアアドバイザーの質を高めるためにパソナキャリア独自の評価制度を取り入れサービスの向上に繋げる取り組みや、女性専門のサポートチーム「女性活躍推進コンサルティングチーム」の立ち上げなど、パソナキャリア独自の社内的な取り組み姿勢が質の高いサービスに結びついていることがうかがえます。

キャリアを築いてきた20代・30代の更なるキャリアアップ・年収アップの実現におすすめの転職エージェントです。

JACリクルートメントに関するよくある質問

  • 転職FIELD編集部

    最後に、JACリクルートメントに関するよくある質問をご紹介します。

これまでJACリクルートメントの口コミ・評判をもとにサービスの特徴を確認してきましたが如何でしたか?

相性が良さそうかどうかを最終確認するためにも、ひと通り目を通してみてください。

参考JACリクルートメントの悪い評判を徹底検証|利用者200人の口コミからわかる注意点とは

Q)JACリクルートメントの求人はハイクラス求人ばかり?

JACリクルートメントでは幅広い業界や職種の求人を取り扱っていますが、全体として実務経験が豊富で専門性を求められるハイクラス求人が中心です。

未経験での転職やキャリアが浅い求職者向けではないと認識しておきましょう。

Q)JACリクルートメントの利用に年齢制限はありますか?

年齢制限はなく、登録者のキャリア次第では20代であっても求人紹介を受けられる可能性はあります。

実務経験が豊富である必要があるため、利用者層として多いのは30代〜50代です。

Q)JACリクルートメントの退会方法は?

JACリクルートメントの退会方法は、「担当者に連絡する」「問い合わせフォームより連絡する」のいずれかの対応となります。

メモ退会に関する問い合わせ先

「entry-info@support.jac-recruitment.jp」

すでに担当者から求人紹介を受けていたり、選考に進んでいる場合は担当者に退会希望の旨を知らせるのが礼儀です。

理由を添えてお世話になったことへの感謝を伝えるようにしましょう。

JACリクルートメントは激務で離職率が高い口コミ・評判あるけど安心して使って良い?

利用を検討している転職エージェントを運営する企業の口コミ・評判にネガティブな内容があれば気になる方も少なくないでしょう。

転職エージェント「JACリクルートメント」を運営する株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメントが激務であることや離職率が高いという口コミ・評判が散見されています。

ひと昔前まではノルマを達成できないコンサルタント(営業職)は残業ありきで成果を出す企業風土が根付いていましたが、現在では生産性を重視し労働時間の短縮をはじめとし働き方が見直されているようです。

また、JACリクルートメントでは企業から求人を集める営業職と個別転職サポートを行うキャリアコンサルタント職の2役を1人が一貫して担う体制をとっています。

よって利用者にとっては、情報の行き違いや連携ミスがなくスムーズに転職活動を進めていけるメリットがありますが、担当者自身の業務量・裁量が大きい分だけ激務と感じるのは致し方ないと言えるでしょう。

コンサルタントが激務であるという口コミ・評判があるのは、転職成功にコミットしている株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメントならではの転職サポートへの熱量とも受け取れます。

JACリクルートメントの利用を検討している方は前向きに利用しみるとよいでしょう。

参考【リクルートダイレクトスカウト】評判・口コミ|登録したらバレる?仕組み・メリット・費用・ログイン方法を解説

JACリクルートメントと他社の求人数ランキング【職種別で調査】

JACリクルートメント含めたハイクラス向けの転職エージェント・転職サイトにおける職種別にみた求人数をランキング形式でまとめました。

参考 JACリクルートメントに登録拒否?断られた方はこちら!

ランキング|営業職

「営業職」に関しては、リクルートダイレクトスカウトが断トツトップの求人数を保有しています。

1位 「リクルートダイレクトスカウト」 59,020件
2位 「ビズリーチ」 11,598件
3位 「パソナキャリア」 6,942件
4位 「JACリクルートメント」 2,445件
5位 「ランスタッド」 619件
※2023年1月16日

ランキング|コンサルタント職

営業職と同じく、「コンサルタント職」についてもリクルートダイレクトスカウトが求人数トップにランクインしています。

2位に位置するビズリーチ についても15,000件近くと豊富です。

いずれもスカウト制の転職サイトであるため、転職活動を本格的に始める前から登録しておくとよいでしょう。

1位 「リクルートダイレクトスカウト」 22,419件
2位 「ビズリーチ」 14,128件
3位 「パソナキャリア」 5,028件
4位 「ランスタッド」 454件
5位 「JACリクルートメント」 442件
※2023年1月16日

ランキング|マーケティング・企画系

マーケティング職・企画職に絞って検索をすると、リクルートエージェントの求人数がまたしてもNo.1です。

2位のビズリーチとは1万件以上もの大差があります。

1位 「リクルートダイレクトスカウト」 21,052件
2位 「ビズリーチ」 4,803件
3位 「JACリクルートメント」 826件
4位 「パソナキャリア」 745件
5位 「ランスタッド 」 362件
※2023年1月17日

ランキング|事務・管理系(経理・財務・人事・労務・総務など)

経理・広報・財務・人事・労務・総務・秘書含めた事務・管理系職向けの求人数におけるランキングです。

1位のリクルートエージェント・2位のパソナキャリアとは差があるものの、3位のパソナキャリアが6,000件以上と事務・管理系職種の求人に強いことがうかがえます。

1位 「リクルートダイレクトスカウト」 39,291件
2位 「ビズリーチ」 10,736件
3位 「パソナキャリア」 6,998件
4位 「JACリクルートメント」 1,474件
5位 「ランスタッド 」 1,011件
※2023年1月17日

まとめ

JACリクルートメントは、保有する求人やサポート対象者が明確です。

すべての人におすすめできる転職エージェントではありませんが、転職の目的が「キャリアアップ」「年収アップ」「大手有名企業への転職」というビジネスパーソンであれば、満足のいくサポートが受けられます。

高いサポート力と求人の質が評判のJACリクルートメントは、多くの求職者から支持されている転職エージェントです。

サポート期間は無期限なので、他社とも併用しながらの転職活動にも向いています。

page top