著者:転職FIELD編集部 2023年9月14日更新

カテゴリーおすすめ転職エージェント

30代でハイクラス転職を成功させるために押さえておくべき転職活動のポイント

アップロード日2023/08/31

転職FIELD編集部

30代はビジネスパーソンとして十分な経験を積んでいます。

若く将来性もあるため、転職市場における価値が非常に高いです。

転職をするのに、30代は最適な時期だと言えます。

「高年収」「重要なポジション」「専門的なスキル / 知識」が必要とされるハイクラス転職を実現することも可能です。

  • 転職FIELD編集部

    本記事では、30代のハイクラス転職を成功させるためのポイントと注意点を解説します。

登録すべき転職サイトTOP3!

1位のハイクラス向け転職サイト 1位のハイクラス向け転職サイトロゴ 1位のハイクラス向け転職サイト評価 \高年収求人多数/

無料登録

2位のハイクラス向け転職サイト 2位のハイクラス向け転職サイトロゴ 2位のハイクラス向け転職サイト評価 \完全無料/

無料登録

3位のハイクラス向け転職サイト 3位のハイクラス向け転職サイトロゴ 3位のハイクラス向け転職サイト評価 \管理職に強い/

無料登録

参考これから「キャリアの大転換期」を迎える20代30代が絶対やってはいけない”最もリスクが高い行動”

ハイクラス転職に挑戦できる人材とは

転職活動をしていると、ハイクラス求人というものを見聞きします。

「ハイクラス」という言葉から、転職のハードルが高い求人ということはイメージできても、具体的にどのような求人のことを指すのかが分からない、という方は多いです。

  • 転職FIELD編集部

    ここでは、ハイクラス求人の特徴と挑戦できる人材について解説します。

参考高収入ハイクラスの30代向け転職サイト

ハイクラス求人は年収800万円以上の求人

ハイクラス求人とは、年収800万円以上の求人を指すのが一般的です。

管理職や経営といった企業の重要なポジション、専門職が中心となります。

「ハイクラス転職の成功=年収800万円以上での内定獲得」です。

企業から800万円以下の年収を提示された際は、条件交渉に移ります。

ハイクラス転職を目指すための注意点

ハイクラス転職を目指すための注意点

高い年収を得るに値する根拠の準備が必要です。

参考ハイクラス層の転職は難しい?転職活動のコツと注意点を解説

ハイクラス転職は直近年収600万円以上の人が挑戦できる

ハイクラス転職は、市場価値の高い人材が対象です。

経験 / 実績 / スキルなどが同世代のビジネスパーソンよりも高い人材、すなわち、優秀な即戦力人材を求める企業が求人を出しています。

市場価値の目安となるのが「直近年収」です。

目安としては、年収600万円以上となります。

国税庁によると、年収が600万円を超えるのは45〜59歳の男性です。

男性 女性 全体
19歳以下 152万円 113万円 133万円
20~ 24歳 287万円 249万円 269万円
25~ 29歳 404万円 328万円 371万円
30~ 34歳 472万円 322万円 413万円
35~ 39歳 533万円 321万円 449万円
40~ 44歳 584万円 324万円 480万円
45~ 49歳 630万円 328万円 504万円
50~ 54歳 664万円 328万円 504万円
55~ 59歳 687万円 316万円 529万円
60~ 64歳 537万円 262万円 423万円
全体平均 545万円 302万円 443万円

出典:国税庁| 令和3年分民間給与実態統計調査

年収の全体平均は443万円です。

  • 転職FIELD編集部

    直近年収600万円以上の人材は、勤務先企業から高い評価を得ていると判断できます。

ハイクラス転職は30代より40代が実現しやすい?

平均年収を見て分かる通り、ハイクラス転職は40代前後〜がターゲットとなります。

高い専門スキルを有していたり、大企業で経験を積んだりといったケースを除き、社会人経験が浅い、マネジメント経験のないといった人だとハイクラス転職は厳しいです。

しかし、30代であっても十分な経験やスキルがあれば、ハイクラス転職を実現できます。

参考ハイクラス転職を成功させる秘訣【20代・30代・40代】

参考35歳からのキャリアの行き詰まりから脱却する方法をご紹介

企業がハイクラス転職を目指す30代に求めるもの

ハイクラス転職は、自身が高い年収に見合った活躍 / 貢献ができることを示し、企業がそれを認めることで初めて成功します。

ハイクラス求人を出す企業が転職希望者に求めるものは、具体的に以下の3つです。

ハイクラス転職で求められるもの

  • 高い専門スキル / 知識
  • マネジメント経験
  • ポータブルスキル
  • 企業への順応性
  • 自己分析力とリサーチ力

それぞれ見ていきます。

合わせて読みたい「30代におすすめ転職エージェント」

30代におすすめの転職エージェント18選|女性やハイクラス向けなど目的別にご紹介します

この記事では、目的別に30代におすすめの転職エージェントを18社にまとめて、厳選して紹介しています。また、転職エージェントを利用するにあたって、知っておきたい選び方やポイントも解説しています。

参考​​ハイクラス求人の実態|ハイクラス転職成功のコツも紹介

高い専門スキル / 知識

難易度の高い国家資格を取得していたり、需要の高い分野において高いスキル / 知識を有し、十分な業務経験を積んでいるなど、専門性の高い人材=市場価値が高く貴重とされるため、ハイクラス転職で重宝されやすいもの。

専門性の高い人材をいちから育てあげれるのには時間と費用がかかるため、人手不足の企業においては高い年収を提示されやすいです。

専門性の高さを証明できれば、30代前半でのハイクラス転職も大いに期待できます。

マネジメント経験

ハイクラス転職に限らず、30代の転職におけるマネジメント経験の有無は、企業から提示される年収を大きく左右するポイントのひとつです。

求められるマネジメント経験内容は、企業ごとに異なります。

管理職の経験だったり、プロジェクトリーダーの経験だったりとケースバイケースなので、自身の経験見合った求人に応募することが大切です。

参考30代以降も成長する人、伸び悩む人

ポータブルスキル

ハイクラス転職に強い代表的なスキルとしてあげられるのが「ポータブルスキル(持ち運びができる職務遂行能力)」です。

ポータブルスキルとはコミュニケーション能力・プレゼン力・論理的思考・計画性・問題解決力などを持ち合わせたスキルの総称であり、業界や職種の垣根なく仕事において幅広く貢献できるスキルを意味します。

ポータブルスキルを備えた方は業界や職種問わずいずれの企業にも重宝されるものです。

慣れない環境や仕事いおいても経験・スキル不足を補うことができるため、自分の市場価値を高める重要な要素・武器になることでしょう。

企業への順応性

30代になると、自分の価値観やそれまで在籍していた会社のやり方が染み付いています。

年齢を重ねれば柔軟性・順応性が失われるのは当然のことですが、新しい環境にも溶け込むスピード感や刺激を前向きに捉えてモチベーションにしていける精神力があることは転職における強みとして作用します。

選考の場面でも順応性に優れている人物かどうか見極められていると捉え臨むようにしてください。

参考ハイクラス転職とは?ハイクラスの定義や年代別の年収相場、条件を解説!

自己分析力とリサーチ力

前述したように新しい環境への順応性があることに越したことはありませんが、働くうえでの自分の価値観と企業風土がマッチしているかを転職活動をする中で見極めることが前提として重要です。

実際に働いてみなければわからないと言ってしまえばそれまでであり、企業との相性を見極めるためには、自己分析力と共に情報収集力・情報感度が鍵となります。

ココがポイント

ココがポイント

ハイクラス転職成功のためには、「マッチングしていること」「転職後に活躍できること」をアピールできるかがポイントです。

参考【30代向け】ハイクラス転職への進め方とおすすめ転職エージェント

参考30代でハイクラス転職は余裕?おすすめのサイトや注意点

30代でキャリアアップを目的としたハイクラス転職をおすすめする理由とは?

30代でキャリアアップを目的にハイクラス転職をおすすめする理由としては、下記の通りです。

30代でキャリアアップを目的としたハイクラス転職をおすすめする理由

  • ハイクラス転職でアピールできるだけの経験や知識が身についているため
  • 即戦力として活躍できる30代の需要が高いため
  • 企業側の採用ニーズを満たす可能性があり選択肢が多いため
  • キャリアにおける課題を認識し軌道修正・成長の機会を得られる
  • 転職FIELD編集部

    若さと経験を兼ね揃えた30代はハイクラス転職に挑戦する価値が多いにあります。

参考ハイクラスにおすすめの転職サイト・エージェントランキング12選!口コミや求人数を徹底比較

ハイクラス転職でアピールできるだけの経験や知識が身についているため

30代はまだまだ働き盛りで伸びしろにも期待できる世代ですが、一方で20代と比較すると経験値やスキルを積み実績があることでしょう。

新しい業務を取り組むにしても、能動的にリサーチや判断を行い上司の手をかけずとも自らの力で仕事を裁けるようになっていたり、部下育成やチーム、部を束ねるマネジメントポジションの経験がある人も珍しくありません。

ハイクラス転職に挑戦できるだけの力量が備わっていることを見込んで、自分の市場価値を把握する意味でもキャリアアップ・年収アップを目指し転職活動をやってみることは非常に価値があると言えます。

即戦力として活躍できる30代の需要が高いため

即戦力として活躍することはもちろん、会社に新しい風をもたらすことを期待する企業が増えており、経験豊富な30代の転職需要は高まっています。

特に最近では成長真っ只中の新興ベンチャーや人材確保に苦戦する外資系企業など、実力そして体力のある30代ビジネスマンを求める企業が増えているのです。

  • 転職FIELD編集部

    実際ハイクラス向けの転職サービスの利用者ボリュームゾーンは30代が多いです。

  • 転職FIELD編集部

    会社の中核人材でありながらも、年齢的にまだまだ若いとされる30代は転職後の会社の貢献度に期待され、給与面でも好待遇で迎え入れてもらえるケースも少なくありません。

参考 ハイクラス人材の転職で注意したい「落とし穴」!転職失敗しないためのポイント3点

企業側の採用ニーズを満たす可能性があり選択肢が多いため

ハイクラス転職で求められる共通のスキルは「マネジメントスキル/経験」また「高い専門性」です。

20代でのキャリアでは年次的に管理職に就いたり、高い専門性を極めるに至っている人は割合少なく、30代に突入すると会社や組織の中でも役割がステップアップし、会社の一歩外に出ても通用する実力が備わっていることが期待できます。

  • 転職FIELD編集部

    30代ともなると、企業側が求職者に求めるスキルや経験を満たしている可能性が高いということです。

育成コストをかけず即戦力として活躍してくれることが期待できる求職者に対する企業の採用ニーズは高いため、30代でさらなるキャリアアップをはかるために転職することでチャンスをものにできる可能性は高いと言えます。

キャリアにおける課題を認識し軌道修正・成長の機会を得られる

30代でハイキャリア転職に挑戦することで、自分の市場価値を把握しキャリアにおける課題・目標が明確になります。

転職活動の末、新たな環境に転職をするにしてもしないにしても、転職活動を通しての気づきにより今後の仕事への向き合い方を軌道修正し、成長の機会を得るきっかけとなることでしょう。

例え、転職により理想の年収やポジションに就けなかったとしても実力不足であることを認め、着実に力をつけていくことで理想を実現へと繋げていくことが大切です。

  • 転職FIELD編集部

    30代に限らず転職活動をしたり、新たな環境に飛び込む中での挑戦は成長をもたらします。迷いがある方は飛び込んでみてから決断することいいでしょう。

参考ハイクラス転職を目指す30代が知っておくべき会社が求めるレベルと転職活動のポイント

参考ハイクラス求人の実態ってどうなの?求人選びの注意点や転職のコツを紹介

30代でハイクラス転職を成功させるメリット

ハードルは高いものの、30代でもハイクラス転職は可能です。

直近年収600万円以上の人や高い専門性を有している人など、ハイクラス転職を狙える位置にいる人は積極的に挑戦することをおすすめします。

30代でハイクラス転職するメリット

  • 年収アップを実現できる
  • キャリアにおける課題を明確にできる
  • 若くしてハイレベルな仕事ができる
  • 更なるキャリアップが狙える
  • 転職FIELD編集部

    30代でハイクラス転職を成功させるメリットは大きいです。

それぞれ解説します。

参考30代はなぜハイクラス層を目指しやすいのか?転職でキャリアアップを実現するポイントとは

年収アップを実現しやすい

一般の転職以上に年収アップに期待できるのがハイクラス転職ならではのメリットのひとつです。

30代のハイクラス転職ではポジションアップにより年収アップを実現できる可能性が高いと言えます。

今の会社では能力やスキルに対する給与が見合っていなくとも、他社に転職することで市場価値を評価されて求人案件に記載していた以上の年収額を掲示されることもあります。

例え、転職直後の年収額が希望よりも低いものであったとしても年次やスキルが上がるにつれて大幅な収入アップが見込める企業選びをすることもポイントです。

キャリアにおける課題を明確にできる

ハイクラス転職を実現する過程の中で、これまでの経歴や現時点でのスキルを振り返る機会となるため客観的に今の自分の実力を把握することができ、今後の課題や目標が明確になります。

ハイクラス転職を叶えることがゴールとならず、中長期的に理想のキャリアに近ずくために目標感をもって仕事をするモチベーションを維持しやすくなるでしょう。

参考管理職の転職が難しい理由とそれでも成功させる3つの方法

若くしてハイレベルな仕事ができる

「現職で成果を上げていても年収が上がらない」 「ポジションに空きがない」など、市場価値が高いのに勤務先の都合で昇進できない30代は、転職によって望みが叶う可能性があります。

企業によって評価内容は異なるので、それまでのキャリアを勤務先以上に評価し、迎え入れてくれる企業もきっとあるはずです。

マッチした企業であれば、キャリアアップ/年収アップが望めます。

希望を叶えるチャンスを得られるのは、ハイクラス転職の大きなメリットです。

更なるキャリアップが狙える

30代でハイクラス転職が成功すれば、ハイレベルな仕事やポジションでの経験を若くして積めるので、周囲の同世代以上に市場価値を高めることができることに加え、年齢を考えると転職によって更なるキャリアアップ / 年収アップも狙えます。

転職でキャリアアップすることは、スタンダードな戦略です。

30代でハイクラス転職させるポイント

30代でハイクラス転職させるポイント

現状では経験豊富な若手人材が不足しているため、30代でハイクラス転職を成功させれば、転職市場での価値が飛躍的に高まります。

30代を過ぎると日々の仕事を通して日々がルーティン化してきたり、心に余裕が生まれる人も少なくないタイミングです。

現状に満足していない人が転職という手段をとるのは自然なことですが、現状の自分のポジションや仕事内容に満足している人の中にはさらなる伸びしろを抱えている人も多いということを忘れてはいけません。

  • 転職FIELD編集部

    30代である今をどのように駆け抜けるかで40代・50代のキャリアまた生き方そのものに影響をもたらすことを戒めた先にハイクラス転職という手段がひとつあることもポイントです。

合わせて読みたい「30代におすすめ転職サイト」

30代におすすめの転職サイト14社をランキング形式で徹底比較!タイプ別に紹介します!

30代におすすめの転職サイト14選、転職サイトの選び方、30代が転職失敗しないための方法、成功させるためのポイントまで詳しく解説しています。

参考30代はハイクラス転職を実現するチャンス?キャリアアップする秘訣

参考ハイクラス求人とは?ハイクラス転職を実現するために知っておきたいこと

30代でハイクラス転職を目指す際のコツ

30代でハイクラス転職を目指す際に実践すべきコツは、以下の通りです。

30代でハイクラス転職を目指す際のコツ

  • マッチング度の高い企業に応募する
  • 現職での実績や成果を明確に伝える
  • 自分の強みをどのように活かせるのかを伝える
  • 応募先企業でも求められるスキルや期待される成果を把握する

それぞれ転職活動において、把握しておくべき重要なポイントです。

順を追って見ていきます。

参考30代でもハイクラス転職はできる?成功の秘訣とおススメの転職サービス

マッチング度の高い企業に応募する

マッチング度の低い企業に転職すると、活躍できなかったり、社風が合わなかったりといった問題が生じやすく、転職が失敗してしまう恐れがあります。

そうならないためには、求人を見るだけではなく、企業の公式サイトで「社員の声」や「事業レポート」などにしっかりと目を通す他、企業口コミサイトで現役社員 / 元社員の口コミをチェックし、マッチング度の高い企業に絞ることが重要です。

  • 転職FIELD編集部

    「OpenWork」「エンライトハウス」「転職会議」「キャリコネ」などの就職・転職口コミ情報サイトで提供されている口コミやデータ情報をもとに、企業体質や思い描くキャリアパスとのミスマッチがないか判断する方法も取り入れてみてください。

現職での実績や成果を明確に伝える

ハイクラス転職では、高い年収に見合った人材であるとアピールする必要があります。

現職での実績や成果を具体的かつ簡潔に伝えられるよう、キャリアを振り返り、応募企業に合わせてアピールの仕方を変えるなどの選考対策を重点的に行うのが基本です。

面接はもちろんのこと、選考書類に記載する内容についても、企業やポストに応じて戦略的に書き換えることが必要となります。

参考ハイクラス転職で失敗する理由と失敗を未然に防ぐ方法を徹底解説

自分の強みをどのように活かせるのかを伝える

企業は選考で、雇うことでどのようなメリットがあるのかを見ます。

自分の強みを活かし、企業に対してどのような貢献ができ、どのようなメリットをもたらせるのかを明確にすることが大切です。

  • 転職FIELD編集部

    30代のハイクラス転職では、柔軟性と実力を活かし即戦力人材として、高いレベルで活躍できるとアピールできるよう準備をします。

応募先企業でも求められるスキルや期待される成果を把握する

ハイクラス転職では特に応募先企業で求められるスキルた期待される成果を把握し、選考で強みとしてアピールする内容を戦略的に練ることも大切です。

応募先企業が求人を出す背景を汲み取り、裏側にある課題や新たな人材に期待する裁量を分析する必要があります。

  • 転職FIELD編集部

    転職エージェントやヘッドハンターのサポートを受ける中で、求める人物像や採用に至る背景等の企業情報を詳しく教えてもらえる可能性が高いため、独自で情報収集する他プロの力も積極的に借りることをおすすめします。

参考30代ハイクラス|オススメの転職エージェントと進め方について

参考 ハイクラス転職とは。年収や求人、転職を成功させるポイントを解説

30代でハイクラス転職を目指す際の注意点

30代でハイクラス転職を成功させるために注意すべき点は以下の通りです。

30代でハイクラス転職を目指す際の注意点

  • ハイクラス求人とマッチするハードルは高い
  • 企業規模にこだわらない
  • 年収だけにこだわらない
  • 入社後の期待値が高い
  • 人間関係や仕事における信頼をゼロから積み上げる必要がある
  • 業界や企業特有の風習に最初から馴染めるとは限らない
  • 未経験職種への転職は現実的ではない
  • 転職FIELD編集部

    ハイクラス転職は「内定を獲得する」「転職後に期待に応える」といった転職前・転職後共々のハードルが高いと捉えて、以降でお伝えする内容に注意して転職活動を進めていきましょう。

参考ハイクラスにおすすめの転職サイトランキング13選|転職お役立ち情報も満載

ハイクラス求人とマッチするハードルは高い

30代の転職では一般的に即戦力人材を積極採用する傾向が高まるうえにハイクラス転職となると専門性や実績の高さまで求められることが一般的です。

なお30代のハイクラス転職では求人企業が求めるスキルや実績のレベルが高く、転職者自身が掲げる転職条件を満たす範囲内で求人とマッチするハードルは高いです。

  • 転職FIELD編集部

    今の会社では評価されていたことも他社では常識とされることも珍しくなく、逆もしかりです。

企業規模にこだわらない

ハイクラス=大企業を漠然と思い浮かべる方もいるかもしれませんが、大企業にだけにこだわってしまうと理想のキャリアを実現しにくくなってしまう可能性もあります。

確かに大手企業は人材が豊富であり、自社の人材育成ノウハウが整っていたり、第二新卒などの若手人材向けの求人が豊富であることは一般的です。

しかし、タイミングにも依りますが、ハイクラス求人自体が企業規模の割に少ない傾向にあります。

一方、ベンチャー企業には事業の成長に不可欠な優秀な人材が必要です。

体力と実力を兼ね備えた30代向けのハイクラス求人が多い傾向にあり、自由度が高く裁量が大きい仕事ができる企業であればマネジメント経験や専門性もブラッシュアップできることが一層期待できます。

30代ハイクラス転職ではベンチャー企業もおすすめ

30代ハイクラス転職ではベンチャー企業もおすすめト

ベンチャー企業は社員の平均年齢も低く、30代であれば若い社員とも短期間で打ち解けられる可能性も高いなどのメリットもあります。まだ世に無いサービスの開発に興味がある方におすすめです。

  • 転職FIELD編集部

    特に、仕事の裁量が大きく、責任が大きいながらも伸び伸びと仕事をしたい思いが強い30代の方は、企業規模にこだわらず理想のキャリアを実現できそうかどうかといった視点で企業を選ぶことがおすすめです。

参考「ハイクラス転職」成功者とそうでない人の差

年収だけにこだわらない

ハイクラス転職ではキャリアアップはもちろん、年収アップを目的に転職活動を始める人も多いです。

生活を営む上で年収は重要なものなので、こだわることは悪いことではありませんが、年収アップに固執しすぎると働くうえでのその他の譲れないはずの条件に目を向けることを疎かにしてしまい転職の失敗を招きます。

結果的に年収にこだわりすぎることで、求人を探したり、求人紹介を受けた際に潜在的に年収を過大評価し応募する求人を選んでしまうことでしょう。

また、「転職先でどんな仕事がしたいのか」 「どんなビジネスパーソンになりたいのか」 といったビジョンが見えていない状態だと、企業へのアプローチの仕方も雑になってしまう可能性が高いです。

  • 転職FIELD編集部

    年収が下がったとしても入社したいかどうかを考えて、応募する求人を決めるのが懸命です。

入社後の期待値が高い

ハイクラス転職では一般の転職以上に入社後の会社からの期待値が高いことも覚悟しておかなければなりません。

内定の際に交わした年収条件に見合うだけの働きと結果を求められることは当然であり、転職先企業の期待に応えられなかった場合には年収を見直され下げられてしまう可能性もあります。

  • 転職FIELD編集部

    好条件のもと転職できたことを安堵せず、成果をあげられるように邁進していくプレッシャーをバネにステップアップしていきましょう。

参考ハイクラス転職は30代だと厳しい?30代年収UPのハイクラス転職成功法

人間関係や仕事における信頼をゼロから積み上げる必要がある

入社後の期待値が高いことに加えて、入社後の期待値が高いことに加えて、転職することで人間関係や仕事ぶりへの評価をゼロから積み上げて行かなければいけないことも覚悟のうえで転職を決める必要があります。

  • 転職FIELD編集部

    特に30代のハイクラス転職ではマネジメントポジションに就くケースが多く、実務への貢献の他に部下をまとめるだけの信頼関係を築くコミュニケーション能力が問われやすい点に苦労する人も少なくありません。

参考【転職失敗】ありがちな失敗パターン8選と理由・特徴、失敗しないために必要なことを解説

業界や企業特有の風習に最初から馴染めるとは限らない

30代の転職となると20代とは転職先での扱われ方は異なり、何においても主体性が求めらます。

ましてや、ハイクラス転職となると尚更です。

業界や企業が変わると、業界の常識や企業風土も大きく変化します。

特に業界が異なる異業種転職の場合に転職前の企業や業界での常識が転職先の企業や業界で通用しないといったことは珍しくありません。

  • 転職FIELD編集部

    上位役職での転職であっても新参者として、謙虚な気持ちと主体性を持ち、柔軟に受け入れる姿勢と行動力が試される覚悟が必要です。

未経験職種への転職は現実的ではない

30代のハイクラス転職では未経験業界への転職を視野に入れることは珍しいことではありませんが、未経験職種への転職を成功させられる可能性が極めて低いです。

30代での転職は即戦力として活躍できる人材が求められることが一般的であり、中でもハイクラス転職となると即戦力として求められる経験値やスキルのハードルが高まります。

ハイクラス転職でなくとも30代に入ってからの未経験転職はハードルが高いもの。例えポテンシャルがあったとしても未経験職種へのハイクラス転職を叶えることは現実的ではないと捉えるべきです。

参考30代はハイクラス転職を実現するチャンス?キャリアアップする秘訣

参考ハイクラス転職は一般的な転職と何が違う?企業の求める条件や年収の目安を徹底解説

参考ハイクラスに強い転職エージェント・サイトおすすめ19社徹底比較|転職成功のコツ

リファラル採用/ダイレクトリクルーティング/転職エージェントの違い

ハイクラス転職を実現するための代表的な転職方法としては、「リファラル採用 「 ダイレクトリクルーティング 」「転職エージェント」の3つがあげられます。

リファラル採用/ダイレクトリクルーティング/転職エージェントの違い

  • 「リファラル採用」とは
  • 「ダイレクトリクルーティング」とは
  • 「転職エージェント」とは

以下では上記にあげた3つの方法について特徴をご紹介するので、自分に合った方法で転職活動を進めるための参考にしてみてください。

  • 転職FIELD編集部

    特性の異なるサービスを併用し、良いとこどりをする使い方もおすすめです。

参考​​30代のハイクラス転職におすすめ転職サイト・エージェント!求められるスキルも解説

リファラル採用

リファラルとは、友人 / 知人に在籍している企業を紹介してもらう方法であり、内縁関係にある者を紹介する縁故採用とは異なります。

昨今、優秀な即戦力人材を投与するために採用している企業も増えています。

リファラル採用は社員の協力あって成り立つ採用方法であるため、在籍する企業に対して「貢献したい」「魅力がある」と思わせる企業でないと採用が成り立たない点において、求職者にとっても魅力を感じる企業である期待値が高いといえます。

推薦はしてもらうものの、縁故採用とは違って基本的には通常通りの選考が行われます。

とは言え、選考内容はケースバイケースです。選考の一部を省略してもらえることもあります。

  • 転職FIELD編集部

    ハイクラス転職が短期間で成功する可能性があることがメリットです。

  • 転職FIELD編集部

    一方で、転職後にミスマッチだと感じても、紹介してもらった手前、退職しづらいというデメリットもあります。

参考ハイクラス求人の実態は?転職の企業選びで注意すべきポイントを徹底解説

ダイレクトリクルーティング

ダイレクトリクルーティングとは、企業が転職希望者にアプローチする採用方法です。

転職サイトに採用されたことで認知度が広まりました。

代表的なダイレクトリクルーティングサービス

・ビズリーチ
・リクルートダイレクトスカウト
・Green

WEB上に公開したレジュメ(職務経歴書)を見た企業の採用担当者がオファーを送ります。

オファーが届いた転職希望者は、その内容を見て選考を受けるかどうかを決めて返信するのが一般的な流れです。

企業側からマッチング度が高い人材に向けてオファーを送ります。

そのため、書類選考なしやカジュアル面談の実施などのケースも少なくないです。

  • 転職FIELD編集部

    自ら求人を探して求人に応募するより、オファーを受けた求人に応募する方が選考通過への期待値が高いです。結果、スムーズに内定を獲得できたり、企業とのミスマッチを抑えられる可能性が高いことが転職者にとってメリットです。

  • 転職FIELD編集部

    ハイキャリアで優秀な転職潜在層を取り込める可能性があることや採用コストが低いといった企業側のメリットも多いです。

ダイレクトリクルーティングの注意点

ダイレクトリクルーティングの注意点

転職サポートは受けられないので、自分で臨機応変に選考対策ができる人向けと言えます。

参考 ハイクラス転職を成功に導く7つのポイント│注意点も把握しておこう

転職エージェント

転職エージェントとは、無料で転職サポートをしてくれるサービスのことです。

代表的なハイクラス向け転職エージェント

・パソナキャリア
・JACリクルートメント

求人のピックアップや選考対策、企業との連絡など、転職活動における作業を一通りサポートしてくれるので、転職活動の効率化が図れます。

また、ハイクラス求人の多くは非公開求人です。

非公開求人は、転職エージェントからの紹介によって得られます。

  • 転職FIELD編集部

    ハイクラス転職を目指す上で、転職エージェントを利用するメリットは多いです。

合わせて読みたい「ハイクラス・エグゼクティブにおすすめ転職エージェント」

ハイクラス・エグゼクティブ転職におすすめの転職エージェント9選!高収入案件が見つかる転職サイトはどれ

この記事では、ハイクラス案件を扱う転職エージェント・転職サイトの中から、利用者からの評判が高いおすすめの9社をまとめて紹介しています。

参考30代はハイクラス転職を実現するチャンス?キャリアアップする秘訣

参考 ハイクラス転職とは?ハイクラス転職に必要な条件やメリット・デメリットなどをご紹介!

30代のハイクラス転職にはハイクラス特化の転職サービスの利用がマスト!

30代のハイクラス転職にはハイクラス求人・サポートに特化した転職サービスの利用がマストです。

一般的にハイキャリアな転職者層向けの転職サービスとしては下記2つのタイプがあげられます。

  • エグゼクティブ・ハイクラス向けの転職エージェント

  • ヘッドハンティング制の転職サイト

参考役員の転職は難しい?制限の有無やハイクラス転職で気をつけたいポイント

エグゼクティブ・ハイクラス向けの転職エージェント

個別転職支援を手がける転職エージェントの中でも、エグゼクティブ・ハイクラスの求人・転職サポートに特化した転職エージェントです。

専門性の高いキャリアアドバイザーによるキャリア相談や求人紹介、選考対策など、転職活動を一貫してサポートしてくれます。

エグゼクティブ・ハイクラス向けの転職エージェント

・パソナキャリア
・JACリクルートメント
・typeエージェントハイクラス
・doda X

キャリアアドバイザーによるサポートを受けながら効率的に転職を成功させたい方におすすめです。

ヘッドハンティング制の転職サイト

ハイクラス向け転職サービスを代表するのがヘッドハンティング制の転職サイトです。

登録した求職者の職務経歴等に魅力を感じた企業やヘッドハンターからスカウト連絡を受け取れる仕組みなので、転職を急いでいないけれども相性の良い企業とのご縁に期待したいと転職を視野に入れている方に最適。スカウトされた求人内容からはリアルに自分の市場価値をはかることもできます

特に企業から直接スカウト連絡を受け取れる場合は、書類選考なしで面接に望めるケースが多いため採用される確率を高めることができます。

ヘッドハンターのみからスカウト連絡を受け取れるサービスや、企業とヘッドハンターの両方からスカウト連絡を受け取れるサービスなどヘッドハンティング制の転職サイトの中でも具体的なサービスの違いがある点にも注目してみてください。

ヘッドハンティング制の転職サイト

・ビズリーチ
・リクルートダイレクトスカウト
・doda X

参考ハイクラス転職でロークラス人材に転落する、ハイキャリア転職失敗10パターン!

参考ハイクラスにおすすめの転職エージェント・転職サイト比較ランキング【若手など年代別の成功ノウハウも解説】

30代のハイクラス転職におすすめの転職エージェント・転職サイト

本記事の最後に、30代のハイクラス転職におすすめの転職サービスを紹介します。

無料で利用できるのはもちろん、退会も簡単です。

複数に登録し、求人やサポートの質を比較すると良いかと思います。

30代のハイクラス転職におすすめの転職エージェント・転職サイト

  • 「ビズリーチ」
  • 「リクルートダイレクトスカウト」
  • 「doda X」
  • 「パソナキャリア」
  • 「JACリクルートメント」
  • 「リクルートエージェント」
  • 「doda」
  • 「typeエージェントハイクラス」

最新情報とともに紹介します。

合わせて読みたい「転職エージェントの複数利用」について

転職エージェントの複数利用でおすすめの組み合わせを紹介!併用のメリット・デメリットとは

転職エージェントを複数利用するのは、転職活動の基本テクニックのひとつです。そこで、転職エージェントの複数利用するメリットやデメリット、注意点について詳しく紹介しています。

参考ビズリーチの評判は悪い?口コミ失敗談とハイクラス求人に出会うコツ

ビズリーチ

出典:ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
サービス 転職サイト
おすすめの年代 20代~ 50代
求人エリア 全国 / 海外
公開求人数 83,218件
ヘッドハンター数 約5,100名(2022年6月時点)

(2023年4月4日現在)

ビズリーチ はハイクラスに特化した業界最大級規模のスカウト制転職サイトです。

全求人の3分の1以上が年収1,000万円超で、経営幹部・管理職・専門職などのプロフェッショナル層向けの求人を中心に取り扱っています。

キャリアアップ・年収アップを目指すハイクラス転職に欠かせない存在であり、特に30代〜40代向けの求人が多いこともポイント。

企業の採用担当者や優秀なヘッドハンターからスカウト連絡を受け取るダイレクトリクルーティング制度を取り入れており、利用審査に通過したら後はスカウト連絡を待つのみです。

求人検索をかけ応募したり、気になるヘッドハンターに連絡をとることもできます。

ただし、無料会員か有料会員かによって得られる情報やサービスの幅が異なる点には注意です。

  • スタンダードステージ:無料
  • プレミアムステージ:5,478~5,500円

参考ハイクラス向け転職エージェント・サイトのおすすめを徹底解説

リクルートダイレクトスカウト

出典:リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
サービス スカウト型転職サイト
おすすめの年代 20代~ 60代
求人エリア 全国 / 海外
公開求人数 406,703件(年収800万円以上:73,211件)
ヘッドハンター数 4,300名以上(2022年5月時点)

(2023年4月2日現在)

リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円以上のハイクラス求人保有数が業界トップクラスの転職サイトです。

「登録したらスカウトを待つだけ」 というシンプルさが評価されています。

転職エージェントなどと併用するのにも最適です。

保有求人や実績を見て、ヘッドハンターにコンタクトを取ることもできる他、ハイクラス転職が有利になる面接確約のオファーもあります。

ハイクラス転職を目指す上で、登録しておいて損のない転職サイトです。

合わせて読みたい「リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミ」

リクルートダイレクトスカウトの評判は悪い?口コミや登録がバレる?の真相、特徴を解説

この記事では、利用者の口コミからリクルートダイレクトスカウトの評判やサービスの特徴、そして、賢く使うためのポイントをまとめています。メリット・デメリットやリクルートダイレクトスカウトに関するよくある質問も詳しく解説しています。

doda X(旧:iX転職)

出典:doda X

運営会社 パーソルキャリア株式会社
サービス スカウト型転職サイト・転職エージェント
おすすめの年代 30代~ 50代
求人エリア 全国 / 海外
公開求人数 23,481件(年収800万円以上: 23,350件)
ヘッドハンター数 約4,000名(2022年11月時点)

(2023年4月2日現在)

直近年収600万円以上の人材に向けてサービスを提供するdoda Xは、保有求人の大半が年収800万円以上のハイクラス求人となっています。

doda Xは、ハイクラス求人のみを効率良く得られるのが強みです。

リクルートダイレクトスカウトと同様、ヘッドハンターからのオファーを待つだけでなく、ヘッドハンターへのアプローチもできます。

doda Xのスタッフからも求人を紹介してもらえるなど、サービスは手厚いです。

合わせて読みたい「doda Xの評判・口コミ」

doda X(旧:iX転職)の評判は?サービスの特徴やおすすめの人を徹底解説

この記事では、doda X(旧:iX転職)利用者の口コミ・評判をもとに、サービスの特徴やメリット・デメリット、競合転職サイトとの違いを解説します。

参考ハイクラス向け転職サイトランキング19選|登録者の声をもとに厳選

パソナキャリア

出典:パソナキャリア
運営会社 株式会社パソナ
サービス 転職エージェント
おすすめの年代 20代~ 40代
求人エリア 全国 / 海外
公開求人数 14,942件
非公開求人数 非公開
サポート期間 6ヶ月

(2023年3月31日現在)

パソナキャリアは、年収800万以上の求人を取り扱うハイクラスに特化した転職エージェントです。

ハイクラス転職サービスで主流のヘッドハンティン制ではなくキャリアコンサルタントによる個別転職支援が受けられます。

パソナキャリアの強みのひとつはコンサルタントの質の高さです。

実際にオリコン顧客満足度で4年連続となる1位を獲得。独自の評価制度を取り入れて、コンサルタントのサービスの質にばらつきがないよう社内的な取り組みが高い評価に繋がってるいるようです。

また、利用者の年収アップ率は67%超の実績もあります。

20代・30代を中心に転職してキャリアップ・年収アップを実現したい方におすすめの転職エージェントです。

参考「ハイクラス」とは?人材の定義と転職時のポイント・求人企業から求められる働き方

JACリクルートメント

出典: JACリクルートメント
運営会社 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
サービス 転職エージェント
おすすめの年代 30代~ 50代
求人エリア 全国 / 海外
公開求人数 15,115件(年収800万円以上: 1,270件
非公開求人数 非公開
サポート期間 無期限

(2023年4月2日現在)

ハイクラス・ミドルクラス転職で5年連続No.1(※オリコン顧客満足度調査)を獲得しているJACリクルートメントは、30代~ 50代をターゲットにサポートを提供しています。

JACリクルートメントは、海外発の転職エージェントです。

世界11ヵ国の拠点から成るグローバルネットワークを活かし、海外転職も本格的にサポートしています。

紹介企業は外資系企業と日系グローバル企業が中心です。グローバルな活躍を目指す方の利用をおすすめします。

合わせて読みたい「JACリクルートメントの評判・口コミ」

JACリクルートメントの評判・口コミは良い?悪い?サービスの注意点と登録方法を解説!

JACリクルートメントは、オリコン顧客満足度「ハイクラス・ミドルクラス転職部門」で4年連続1位を獲得している人気の転職エージェントです。この記事では、JACリクルートメント利用者の口コミ・評判から、求人の特徴やサービスの注意点、登録方法を解説しています。

参考外資系転職の失敗パターン5つと後悔しないために考えておきたいこと

参考“やり直すことのメリット。30代後半からの転職に遅すぎることはない理由

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

運営会社 株式会社リクルート
サービス 転職エージェント
おすすめの年代  20代〜50代
エリア 全国・海外
おすすめポイント ・業界No.1の求人保有数
・オンラインツール『職務経歴書エディター』が便利
・業界ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍
・地方エリアの求人も充実
公開求人情報 388,880件
非公開求人 275,698件
サポート期間 3ヶ月

(2022年5月18日現在)

リクルートエージェントは業界トップの求人数を保有する大手総合型の転職エージェントです。

世代や性別、業界・職種・実績問わず幅広いユーザーに対して転職サポートを手がけており、公開求人・非公開求人共に25万件超と圧倒的求人数を保有。

各業界に精通したキャリアアドバイザーにより手厚いサポートを受けられることが期待できます。

サポート期間は3ヶ月となっているため、転職時期が明確な方によりおすすめする転職サービスです。

ハイクラス向けの求人も幅広く取り扱っているため、自分の市場価値を確かめたい方は利用してみてください。

合わせて読みたい「リクルートエージェントの評判・口コミ」

リクルートエージェントの評判・口コミはひどい?求人の質など徹底解説します

リクルートエージェントは、業界最多求人数を誇る大手転職エージェントです。リクルートエージェントの評判を、利用者の口コミをもとに徹底調査し、サービスや求人の質についても解説しています。

参考今のあなたはどのタイプ?30歳からの本当の成長戦略とは

doda(デューダ)

出典:doda

運営会社 パーソルキャリア株式会社
タイプ 求人転職サイト・転職エージェント
おすすめの世代 20代〜50代
エリア 全国・海外
おすすめポイント ・業界トップクラスの求人バリエーション
・多様なWebコンテンツで転職活動を効率化
・国内最大級の転職フェアを定期的に開催
公開求人情報 198,252件
非公開求人情報 37,673件
サポート期間 3ヶ月
利用料金 無料

(2023年5月29日現在)

dodaは業界トップクラスの求人数を取り扱う総合型の大手転職サイトです。

キャリアアドバイザーによる個別転職サポートを受けられる転職エージェント(「dodaエージェント」)や求人検索・応募型の転職サイト・スカウト制転職サイトとして3つの機能を兼ね揃えていることがdodaならでは特徴としてあげられます。

あらゆる業界や職種の求人をカバーし、世代を問わず幅広い求職者に対する求人情報やコンテンツの提供、また転職サポートを手がけている転職サービスです。

dodaエージェントでは公開求人だけでも18万件超も保有しており、非公開求人や独占求人も豊富。サポート期間が3ヶ月と定められている点において使い方には注意しましょう。

求職者の転職活動のタイミングや希望のスタイルによって柔軟に利用しやすいこともポイントです。

合わせて読みたい「dodaエージェントの評判・口コミ」

dodaエージェントのひどいという評判はホント?口コミ・評判の真相を徹底解説します!

dodaエージェントは、知名度が高い分、口コミ・評判には「ひどい」「使えない」といったものも多く、登録するか悩んでいる方もいるでしょう。そこで、dodaエージェントのひどい評判の真偽やメリット・デメリットに関して徹底解説しています。

参考日本のエグゼクティブ転職、ハイクラス求人事情

typeエージェントハイクラス

出典:typeエージェントハイクラス

運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
転職サイトタイプ 転職エージェント
おすすめの年代 30代〜50代
エリア 一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)中心・海外
おすすめポイント ・ハイクラス・ミドル層に特化した求人を厳選
・20年以上にわたり積み上げた企業データによる情報力が豊富
・面談後満足度83%
公開求人情報 29,535件
非公開求人 19,042件
サポート期間 無期限

(2023年5月26日現在)

type転職エージェントハイクラスは株式会社キャリアデザインセンター運営のハイクラス・エグゼクティブに特化した転職エージェントです。

ハイクラス求人含め間口を広く転職サポートを手がける「type転職エージェント」の姉妹エージェントとして位置しています。

出典:type転職エージェント

都市部(一都三県)を中心とした企業に密接し、非公開求人や独占求人が豊富。年収800万〜1500万クラス求人を中心に取り扱っています。

20年以上にわたる企業取引き実績のもと、業界・職種に精通したキャリアアドバイザーから専門性の高い個別サポートを受けられるため、ハイクラス転職に向けてコンサルタントによる個別サポートを受けたい方はひとつ検討してみてください。

合わせて読みたい「type転職エージェントの評判・口コミ」

type転職エージェントの評判は?女性向けとの違いと口コミも解説

この記事では「アクセス数が月間100万以上」と話題のtype転職エージェントについて解説しています。どのような転職サポートが充実しているのか、メリット・デメリット、どんな人におすすめできる転職エージェントなのかを紹介しています。

参考ハイクラス転職とは?年収相場や企業が求める条件について

参考ハイクラス層ってどういう意味?人材に求められるものと転職するときのコツを紹介

参考30代のハイクラスにおすすめの転職エージェント・サイト9選|ミドルクラスの転職は難しい?

30代ハイクラス転職に転職活動に欠かせない転職エージェントの利用手順

担当者による個別転職支援を手がける転職エージェントの流れはハイクラス転職また一般転職問わず、以下の通りが一般的です。

転職エージェント利用の流れ

  • (1)公式サイトに登録
  • (2)面談実施
  • (3)求人紹介を受ける
  • (4)書類添削/応募
  • (5)面接対策/面接
  • (6)内定/交渉/承諾
  • (7)退職
  • 転職FIELD編集部

    上記(1)〜(7)の各ステップについて、確認しておきましょう。

30代ハイクラス転職でよくある質問

最後に30代ハイクラス転職でよくある疑問・質問をQ&A形式でまとめています。

30代ハイクラス転職関連のQ&A

  • Q)そもそもハイクラス転職とは?
  • Q)30代でハイクラス転職を目指すには現状年収はいくら必要ですか?
  • Q)30代にハイクラス転職は向いていますか?
  • Q)30代ハイクラス転職では年収アップを実現しやすいですか?
  • Q)同じ30代でも30代前半と後半とではハイクラス転職の難易度は異なりますか?
  • Q)30代でキャリアに行き詰まりを感じてはいるが転職への一歩が踏み出せずどうすればよいでしょうか?
  • Q)30代ハイクラス転職で転職回数の多さは影響しますか?
  • Q)30代ハイクラス転職に適した転職活動方法は?
  • Q)30代ハイクラス向けの転職は多数ありますが、複数利用してもいいのでしょうか?
  • Q)ハイクラス転職向けの転職エージェントに登録したもののスカウト連絡が多すぎて困っています。どうすれば?
  • Q)30代ハイクラス転職におすすめの転職サービスは?

参考30代ハイクラス転職におすすめ転職サイト・エージェント10選!利用の流れ・活用方法も解説!

Q)そもそもハイクラス転職とは?

一般的に年収800万以上の求人を「ハイクラス求人」と呼び、管理職や専門職、経営層の求人が中心です。

ハイクラス求人を視野に入れた転職活動を「ハイクラス転職」と表現していることが一般的です。

Q)30代でハイクラス転職を目指すには現状年収はいくら必要ですか?

一般的な目安としては現状600万以上の年収があれば、ハイクラス転職を実現しやすいと言われています。

  • 転職FIELD編集部

    年齢や実力によっては600万に満たなくとも、応募先求人の条件を満たせば転職できる可能性はあるため、600万以上というのはあくまでひとつの目安として認識しておきましょう。

参考新人?ベテラン?キャリアの行き詰まりを感じる30代の不満5選と対処法

Q)30代にハイクラス転職は向いていますか?

ハイクラス転職に年齢制限はありませんが、体力と実力を兼ね備えており、伸び代にも期待できる点において30代はハイクラス転職における需要が高いと言えます。

若くてマネジメント経験や専門性を極めた30代の方は前向きにハイクラス転職に挑戦してみるといいでしょう。

Q)30代ハイクラス転職では年収アップを実現しやすいですか?

30代ハイクラス転職では年収アップを実現しやすいと言えます。

年収アップを実現しやすい理由としては、年収アップを実現しやすい理由としては、30代ハイクラス転職では即戦力として採用されるケースが一般的であるためです。

実力・吸収力共に持ち合わせた30代ビジネスパーソンであれば、今の会社にとどまる以上に他社で高い評価を得られることも珍しくありません。

Q)同じ30代でも30代前半と後半とではハイクラス転職の難易度は異なりますか?

30代後半となると、30代前半以上に専門性の高さや豊富なマネジメント経験が求められる傾向があるという点でハイクラス転職における難易度は高くなると言えます。

  • 転職FIELD編集部

    これまでの経歴上これといった経験やスキルをアピールできる自信がないという方は早めの転職がおすすめです。

参考仕事のモチベーションが全くない30代へ5つの原因と対処法4つを徹底解説!

Q)30代でキャリアに行き詰まりを感じてはいるが転職への一歩が踏み出せずどうすればよいでしょうか?

まずは転職エージェントに登録し面談を受けてみることをおすすめします。

現時点で転職する意思が固まっていなくとも、転職のプロによるキャリア相談を受けることは可能です。

面談や次のステップとして求人紹介を受けることで自分の市場価値を客観的に把握しやすく、また転職した場合の選択肢が見えてきます。

  • 転職FIELD編集部

    転職エージェントを上手に活用し現状を知ることで、現状維持か環境を変えるべきかが見えてくることでしょう。

Q)30代ハイクラス転職で転職回数の多さは影響しますか?

ハイクラス転職では必ずしも転職回数の多さが転職に不利に働くわけではありませんが、30代であることを踏まえると1〜2回転職経験があることが無難だと言えます。

肝心なのは転職した動機や目的であって、キャリアアップのためにこれまで計画的に転職活動を行なってきたのであればさほど回数を気にする必要はありません。

Q)30代ハイクラス転職に適した転職活動方法は?

ハイクラス転職を成功させるためにはヘッドハンティング制の転職サイトと転職エージェントとの併用がおすすめです。

おすすめする理由としては下記の通りです。

おすすめする理由

・スカウト内容や求人紹介内容から市場価値を把握しやすい
・プロの視点で転職サポートを受けられる
・多角的な視野を持つことができる
・非公開求人を多数保有している

独自で転職活動を進めるよりも転職活動としての精度が上がることが期待できます。

転職先とのミスマッチ防止にも繋がることでしょう。

Q)30代ハイクラス向けの転職は多数ありますが、複数利用してもいいのでしょうか?

転職エージェントのタイプをを問わず、複数の転職エージェントを併用することは可能であり、むしろ2〜3社利用することがおすすめです。

複数利用することで応募先求人の選択肢を増やし、複数の担当者からの角度の異なる視点とノウハウを取り入れ転職活動を進めていきましょう。

Q)ハイクラス転職向けの転職エージェントに登録したもののスカウト連絡が多すぎて困っています。どうすれば?

いずれの転職エージェント・転職サイトにおいても受け取る通知の種類を設定できることが一般的です。

まずはスカウトメールにおける通知設定を見直してみてください。

特に複数の転職サービスを併用しているケースでは設定をしなければ、多くの通知を受け取ることになってしまいます。

自分にとって必要な情報を逃さないように情報整理の工夫を行うようにしてください。

Q)30代ハイクラス転職におすすめの転職サービスは?

ハイクラス転職に特化した転職サービスとしては、転職エージェントであれば「パソナキャリア」「JACリクルートメント」、ヘッドハンティング制転職サイトであれば「ビズリーチ」「リクルートダイレクトスカウト」「doda X」がおすすめです。

またハイクラス向け求人含め求人バリエーションと数が豊富な大手総合型転職エージェント「リクルートエージェント」「dodaエージェント」もおすすめです。

利用する転職エージェントはひとつに絞る必要はありません。

また、30代向けの転職需要は高く転職サービスの選択肢としても潤っており、ビズリーチの一部の会員を除き基本的に転職サービスは求職者利用料金無料です。

転職活動初期段階では相性の良さそうな転職サービスを2〜3社併用してみてください。

参考ミドル層におすすめの転職サイト・エージェントランキング

参考【2023年最新版】ハイクラス求人特化のおすすめ転職サイト・エージェント17選

参考30代でハイクラス転職を目指そう!取り組む利点や必要なスキルを紹介

まとめ

30代でのハイクラス転職はハードルが高いです。

しかし、転職に成功すれば若くしてハイレベルなキャリアを積めます。

ビジネスパーソンとしての今後のキャリアにプラスになることは間違いないです。

ハイクラス求人への挑戦ができる位置にある人は、挑戦することをおすすめします。

page top