著者:転職FIELD編集部 2023年11月1日更新

  • TOP
  • おすすめ転職サイト
  • インフラエンジニアにおすすめの転職エージェント・転職サイト・スクールを厳選紹介!未経験者も必見

カテゴリーおすすめ転職サイト

インフラエンジニアにおすすめの転職エージェント・転職サイト・スクールを厳選紹介!未経験者も必見

アップロード日2023/07/10

転職FIELD編集部

[PR]

インフラエンジニアはIT技術の分野でシステム構築を担う専門職です。

「インフラエンジニアとして転職にチャレンジしたい人」また、需要が高いと言われていることから「インフラエンジニアへの転職に興味を持っている人」も少なくないことでしょう。

  • 転職FIELD編集部

    本記事ではインフラエンジニアの仕事内容や転職事情、キャリアアップのコツなどについて詳しく解説します。

  • インフラエンジニアとは
  • インフラエンジニアとして仕事をするメリット・デメリット
  • ・インフラエンジニアの年収事情
  • インフラエンジニアを取り巻く時代背景と転職事情
  • 未経験でもインフラエンジニアに転職できる理由
  • インフラエンジニアにおすすめの転職エージェント・転職サイト

転職サービスを活用した転職活動のコツについても詳しく解説するので、インフラエンジニアとして転職に挑戦したい人・未経験でインフラエンジニアへの転職を視野に入れている人は是非参考にしてみてください。

【まずはじめに】インフラエンジニアとは

インフラエンジニアとは、情報技術(IT)の分野で重要な役割を果たす専門家です。

ITシステムの基盤となるインフラストラクチャを設計、構築、運用、管理する責任を持っています。

インフラエンジニアは、ネットワーク、サーバー、ストレージ、データベース、クラウドサービスなど、様々な要素から成るITインフラストラクチャを管理。

  • 転職FIELD編集部

    システムが適切に機能し、ユーザーにサービスを提供するための基盤を確立することが求められる仕事です。

インフラエンジニアとして仕事をするメリット

インフラエンジニアの仕事は、多くの魅力とメリットがあります。

以降では、特に給与アップと将来性の高さにフォーカスし解説します。

インフラエンジニアとして仕事をするメリット

  • 給与アップが見込める
  • 将来性が高い

参考【インフラエンジニア】を含む求人・転職情報

給与アップが見込める

インフラエンジニアは、企業のITインフラストラクチャを設計、構築、運用する責任を負っています。

その重要性と需要の高まりから、給与面では他の職種に比べて優遇される傾向があります。特に、経験とスキルのレベルに応じて、高い給与を期待できるでしょう。

インフラエンジニアの転職市場価値は高い

インフラエンジニアの転職市場価値は高い

また、クラウドコンピューティングやビッグデータなどの新たな技術の普及に伴い、需要がますます高まっているため、インフラエンジニアの市場価値は上昇し続けています。

将来性が高い

現代のデジタル化の進展に伴い、情報技術はますます重要性を増しています。

企業や組織は、データセキュリティ、ネットワークインフラ、クラウドサービスなどの面で頼りになるインフラエンジニアを必要としています。

インフラエンジニアは、システムの安定性と効率性を確保する役割を果たし、ビジネスの継続性に不可欠な存在です。

  • 転職FIELD編集部

    このような需要の高まりは将来にわたって続く見込みであり、インフラエンジニアのキャリアは安定性と成長性を持っています。

インフラエンジニアとして仕事をするデメリット

インフラエンジニアとして仕事をするデメリット

  • 給与が低いところからスタートする
  • 労働環境が悪いことも

参考ネットワーク・通信インフラ・サーバー設計・構築の求人・転職情報

給与が低いところからスタートする

インフラエンジニアのキャリアは、給与面において最初は挑戦的なものとなることがあります。

特に、経験やスキルがまだ不十分な場合、初期の段階では比較的低い給与での就業となることが一般的です。

また、競争が激しい業界であるため、求人数に比べて適格なエンジニアの数が多く、それによって給与が引き下げられることもあります。

  • 転職FIELD編集部

    しかし、経験とスキルの向上により、将来的に給与が向上する可能性もあります。

労働環境が悪いことも

インフラエンジニアの仕事は、プロジェクトの締切やシステムの障害対応など、高い責任とプレッシャーを伴うことがあります。

特にシステムのトラブルシューティングでは、深夜や週末に急な対応が必要になることもあります。

また、長時間の労働やストレスの高い状況に直面することもあります。

ココに注意

ココに注意

さらに、技術の急速な進化に追いつくために、常に学習と自己啓発が求められるため、仕事とのバランスを取ることが難しいこともあります。

参考インフラエンジニアの転職知識まとめ

インフラエンジニアを取り巻く背景と転職事情

インフラエンジニアの転職市場は、現代のテクノロジーの進化とビジネスの変化によって急速に変化しています。

以降ではインフラエンジニアを取り巻く時代背景と共に転職事情について解説しておきたいと思います。

インフラエンジニアを取り巻く背景と転職事情

  • 急速なクラウド化の流れと人気
  • 未経験でも転職需要がある
  • サーバー仮想化が普及

急速なクラウド化の流れと人気

クラウドコンピューティングの普及により、多くの企業がオンプレミスのインフラストラクチャからクラウドプラットフォームへの移行を進めています。

これにより、従来のインフラエンジニアの仕事は変化し、新たなスキルセットが求められるようになっています。

  • 転職FIELD編集部

    転職市場では、クラウドプロバイダーの知識やクラウドベースのインフラ設計と管理の経験を持つエンジニアが高い評価を受けています。

未経験でも転職需要がある

近年、インフラエンジニアの需要が高まっています。特に注目すべきは、未経験者でも転職のチャンスが広がっていることです。

従来は経験者が求められるイメージがありましたが、現在のIT業界では、未経験でもインフラエンジニアとして活躍するニーズが増えています。

この需要の背景には、人手不足があります。

インフラエンジニア未経験でもチャンスがある

インフラエンジニア未経験でもチャンスがある

インフラエンジニアを希望する人材が少ないため、企業は未経験者にもチャンスを与えることで人材確保を図っています。

参考未経験でもなれる!インフラエンジニアの仕事内容と転職のコツ

サーバー仮想化が普及

サーバー仮想化は、物理サーバーを複数の仮想マシンに分割する技術で、ハードウェアの利用効率を最大化し、柔軟性とスケーラビリティを向上させることができます。

サーバー仮想化の普及により、インフラエンジニアは仮想化プラットフォームの知識と経験を積むことが求められます。

  • 転職FIELD編集部

    このようなスキルを持つエンジニアは、需要の高い存在となっており、転職市場でも優遇される傾向があります。

参考インフラエンジニアの転職で知っておきたいこと

インフラエンジニア向け|転職エージェント・転職サイトの選び方

転職を考えているインフラエンジニアやエンジニアにとって、希望するキャリアや実力に適した転職エージェントや転職サイトを選ぶことが大切です。

インフラエンジニア向けの転職エージェントや転職サイトを選ぶ際のポイントを詳しくご紹介するので利用する転職サービスを選ぶ際の参考にしてください。

インフラエンジニア向け|転職エージェント・転職サイトの選び方

  • インフラエンジニアまた、エンジニアに特化した転職エージェント・転職サイトを選ぶ
  • 非公開求人が豊富な転職エージェント・転職サイトを選ぶ
  • スキルや実績のレベルに合った転職エージェント・転職サイトを選ぶ
  • 複数の転職サービスを併用する

インフラエンジニアまた、エンジニアに特化した転職エージェント・転職サイトを選ぶ

インフラエンジニアは、他のエンジニアとは異なるスキルや経験を持っています。そのため、自身の専門性やキャリア目標に合った求人情報やサポートが必要です。

インフラエンジニアに特化した転職エージェントや転職サイトは、そのニーズに合わせた情報やサービスを提供しています。

  • 転職FIELD編集部

    インフラエンジニアに特化したエージェントやサイトを選ぶことで、より適切な求人情報やキャリア支援を受けることができます。

合わせて読みたい「IT/Webエンジニアにおすすめ転職サイト」

【未経験もOK】IT / WEBエンジニアにおすすめの転職サイト10社をランキング比較

ITエンジニアとして転職をするなら、IT業界の求人が豊富な転職サイトやエンジニアに特化した転職サイトを利用することをおすすめします。そこでIT/WEBエンジニアにおすすめの転職サイト10社を、比較を交えながら紹介しています。

公開求人が豊富な転職エージェント・転職サイトを選ぶ

多くの魅力的な求人は非公開であり、一般の求人サイトではなかなか見つけることができません。

しかし、一部の転職エージェントや転職サイトは、非公開求人にアクセスできる特典を提供しています。

非公開求人は競争が少なく、より条件の良い求人が多い傾向があります。

ココがポイント

ココがポイント

インフラエンジニアにとっては非公開求人の情報を入手できるエージェントやサイトを選ぶことが、転職成功の鍵となるでしょう。

スキルや実績のレベルに合った転職エージェント・転職サイトを選ぶ

インフラエンジニアのスキルや実績は分野や経験値によって個々に異なります。

例えば、大規模なプロジェクトに携わった経験を持つエンジニアもいれば、特定の技術に精通しているエンジニアなどさまざまです。

自分のスキルや実績のレベルに合った求人情報やキャリアアドバイスを提供してくれるエージェントやサイトを選ぶ必要があります。

  • 転職FIELD編集部

    自身のスキルセットにマッチした求人情報やキャリア支援を受けることで、転職活動の精度を高めていきましょう。

複数の転職サービスを併用する

単一の転職エージェントや転職サイトに頼るのではなく、複数のサービスを併用することも有効です。

合わせて読みたい「転職エージェントの複数利用」について

転職エージェントの複数利用でおすすめの組み合わせを紹介!併用のメリット・デメリットとは

転職エージェントを複数利用するのは、転職活動の基本テクニックのひとつです。そこで、転職エージェントの複数利用するメリットやデメリット、注意点について詳しく紹介しています。

未経験でもインフラエンジニアに転職できる理由

未経験でもインフラエンジニアに転職できる余地はあります。

専門的な知識やスキルが必要なインフラエンジニアですが、「なぜ未経験でも転職できると言えるのか」について解説しておきたいと思います。

未経験でもインフラエンジニアに転職できる理由

  • 【人手不足】インフラエンジニアを希望する人が少ない
  • 保守運用案件が多い
  • 新卒採用で優秀な人材を確保できていない

新卒採用で優秀な人材を確保できていない

インフラエンジニアの業界では、未経験の新卒採用も行われています。

しかし、競争が激しく優秀な人材を確保するのは容易ではなく、未経験から転職してくる人材に対するニーズが高まっています。

  • 転職FIELD編集部

    経験やスキルに関係なく、熱意や学習意欲を持つ未経験者にとっては、インフラエンジニアへの転職が可能な時代です。

【人手不足】インフラエンジニアを希望する人が少ない

現在、インフラエンジニアの需要は高まっていますが、希望する人材が少ない傾向にあります。

IT業界の中でも開発エンジニアに注目が集まる一方で、インフラエンジニアのポジションには積極的にチャレンジする人が不足しているため、未経験の方でもインフラエンジニアに転職するチャンスがあるのが現状です。

保守運用案件が多い

インフラエンジニアの業務には、システムの保守運用が含まれます。

既存のシステムやインフラの管理・監視、障害対応などが主な業務です。

このような保守運用案件は、未経験の方でもスキルを磨きながら着実に成長できる機会があります。

また、保守運用の経験を積むことで、将来的には設計や構築などより上流の業務にも挑戦できる可能性があります。

page top